home > 投稿 > > 最終決戦 後編 ~対決! ブラックウッド商会!~

最終決戦 後編 ~対決! ブラックウッド商会!~

 
 ブラックウッド商会へ最終決戦に挑むために、本部へ乗り込んだ俺たち。
 出迎えてくれたのは、カジートのジャファジールで商会の副長らしい。
 

「貴様はもはや仲間じゃねぇ! 戦士ギルドのスパイめ! 裏切り者め! 貴様の人生もこれまでだ!」
「何よ! 最初から仲間じゃないわ!」
 
 最初から凄い剣幕でまくし立ててくる。
 潜入したときからすでにスパイだと気づかれており、緑娘は薬を盛られたというのか?
 
「敵襲だ、お前らかかれっ!」
 

「うるっさいわね!」
 
 号令をかける副長ジャファジールを思いっきり蹴り上げる緑娘。
 武器を持っていないと見せかけて先手を取る作戦、いいんじゃないですか?
 しかし杖を持ったアルゴニアンも迫ってきていた、商会の魔術師か?
 

 目には目、歯には歯、魔法には魔法だ!
 
「よし、俺はヒストを探し出して破壊する。ソニアはリザカールをやっつけるんだ!」
「わかったわ、奴はきっと上ね!」
「そうはさせないぞ!」
 

 敵のリーダーが居るであろう方へ駆け出した緑娘を、商会のアーチャーが狙い撃とうとする。
 しかしすかさず魔力で妨害すしてやるのだ。
 上の階へ駆けていく緑娘に、心の中で「幸運を」とつぶやき、目の前のアーチャーに霊峰の指をぶち込んでやるのであった。
 

「この奥が怪しいな?」
 
 二階でドカバキ音がするのを聞きながら、扉の前で考え込む。
 どうやら鍵がかかっているようで、鍵を使うか扉を破壊するしかない。
 いや、開錠の魔法もあったっけ?
 

 しかしここは派手にぶちかますことにした。
 大粒の氷の塊をぶつけて、扉を破壊してしまうのだ。
 ほとんど物理攻撃に近い魔法、その氷塊がぶつかった扉は、錠前の部分を破壊されて無残な姿をさらけ出した。
 後は扉を蹴破って中に入るのみ!
 
 

「な、なんだこの施設は?」
 
 目の前に飛び込んできたのは大きな木。その幹にはなにやら管が取り付けられていて、周囲にあるガラス製の容器には黄色い液体が溜まっていた。
 ガタガタ音を立てながら動いているものはポンプか?
 この木から樹液を強引に吸い取っているのだろうか?
 するとこれがヒストの木か?
 
「こらっ、侵入者っ、早々に立ち去れい!」
「そうはいかんな、この木は破壊させてもらう」
 
 どうやら二人のアルゴニアンがこの木の番をしているらしく、俺の前に邪魔をするように立ち塞がってきた。
 
「侵入者め、お前は何者だ?」
「俺の名前はラムリーザ、魔術師ギルドのアークメイジである」
「魔術師ギルド? 戦士ギルドではなくなぜ魔術師ギルドが?!」
「ふっふっふっ、ヒストの技術を横取りしに来てやったぜ」
「そうはさせるか! このポエマーズがお前に引導を渡してやる!」
「何がポエマーズだ!」
 
 そして二人のアルゴニアンは、声高らかに名乗り始めた。
 
「俺の名前は、ソラノ=コエ=キク!」
「俺の名前は、ライメイノ=ゴトク=ウタウ!」
「二人合わせて」「二人合わせて」
「「ポエマーズ!」」
 

 
 アホか!
 
 んや、別に名前に対してどうこう言うつもりはないさ。
 詩のような名前、ええんでない?
 ただこの芝居がかったやりとりにアホくささを感じただけだw
 
 二人相手だとめんどくさいので、さっさと霊峰の指改を二連発してやっつけてしまう。
 来世ではこんな商会に加わらずに、本格的な詩人を目指すんだな。
 邪魔者を雷鳴の如く魔力を放ってやっつけて、再びヒストの木と対峙した。
 
 

 やっぱり機械を壊すしかないか?
 いや、木を燃やしたほうが早いか?
 とりあえず、ポンプを破壊して、周囲のガラス瓶を割って、ヒストの木には念入りに炎を放っておいた。
 
 

 うん、木はやっぱり燃えるね。
 もうもうと立ち込める煙、衛兵に火事だと思われたらめんどくさいな。
 それに樹液がやばい薬になるのだ。その木が燃える時に出る煙もあまり身体に良さそうではない。
 
 俺は、燃え盛る木を尻目に、部屋から立ち去った。
 
 

 ヒストの木があった部屋から出ると、そこでは緑娘が商会の戦士とやりあっていたりする。
 うん、階上にいるリーダーのリザカールは退治して戻ってきたのか?
 それともいまここでやりあっている相手がリーダーか?
 
「貴様~っ! 全てを台無しにしやがって!」
「どうだザマーミロ!」
 
 む、あの声に聞き覚えがある。
 それにあいつ見覚えが――
 
「なぜだ、なぜなんだ! 俺には仕事があった! 家庭もあった! お前に全てを奪われた! お返しにお前を殺してやる!」
「何よマグリール先輩――、いやもう先輩じゃないわね、この裏切り者! どうせヒストの汁飲んで幻覚見ているだけでしょうが!」
 
 そうだ、マグリールだ。
 そういえばそんな奴も居たな。
 戦士ギルドを裏切ってブラックウッド商会に移籍したんだったな。
 あと、ヒストの汁じゃなくて樹液な。
 

 まぁマグリールなんか緑娘の敵では無いわな。
 
 
 そんなわけで、ここにブラックウッド商会はヒストの木と共に壊滅したのだった。
 攻め込んできたのが、魔術師ギルドのアークメイジと戦士ギルドのチャンピオン。シロディールの二大ギルドに歯向かった者の末路はこうなるのだ。
 いや、魔術師ギルドには歯向かっていないみたいだけど、気にするな……(。-`ω´-)
 
 

「いやぁ、二人でかかればなんとかなるもんだな」
「あたしは一人じゃ無理でも、あなたがいてくれたら、何でもできそうな気がするのよ」
「ん、どっかで聞いたような気がするな」
「何度も言ってきた言葉だけどね」
 
 二人一緒なら何でもできる。
 それは遠い昔の記憶のようでもあり、ついこの間の記憶のような気もする。

「そうだな、何もかも空の導きのまま、だ」
「何それ?」
「俺は空の声を聞き、雷鳴の如く歌うのさ……、いやなんでもない、忘れてくれ」
「何を言っているのかしら?」
「風が出てきたな……」
「変なポエマーみたい」
「…………(。-`ω´-)」
 
 いかんな、変な二人組みに毒されて、最後が奇麗に決まらなかったぜ!
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記