home > 投稿 > > 魚獲り ~今日は釣り日和ですか?~

魚獲り ~今日は釣り日和ですか?~

 
「もし、お若いの。わしの話を聞いてくれんかの?」
 

 ユニコーンや馬を止めてもらうことにした庭の持ち主、エイルウィン・メロウォルドは、馬を預かる代わりに話を聞いてくれと言ってきた。
 なにやら彼は、戦いに敗れたらしい。どんまいだ。リベンジだ。誰が相手か知らんけどな。
 
「誰に負けたかって? 宿敵は誰だって? 笑わんでくれ、魚の群れなんだ」
「サカナ、誰だか知らんが俺が敵討ちをするって話かな? で、そいつはどこにいる?」
「ちょっとラムリーザ、サカナって魚のことじゃないかしら?」
「あれ?」
「そうだ、ルメア湖の殺人魚を捕まえて、ウロコを手に入れてくれ。錬金術師に残り12枚譲ることができれば、わしは引退しても暮らしていけたのに……」
「あなた漁師でしょ? ラムリーザに頼ってないで自分で釣りなさいよ」
「昔はお嬢さんの言うとおり漁師だったが、膝に矢を受けてしまってな……」
「んじゃ、余生は衛兵になって生きればいいと思うぞ」
「そう言わず、手伝ってくれ」
「しょうがないなぁ、エイルウィンは」
 
 なんかそういうわけで、俺はルメア湖で殺人魚のウロコを集めることになった。

 要は、その殺人魚とやらを釣り上げて、ウロコを剥ぎ取ればいいだけだ。それほど大変な依頼ではない。手が生臭くなるが……
 
「あいかわらずお人よしね。あまり情に流されてばかりいても、ろくなことにならないわよ」
「いいんだよ、天気もいいし、絶好の釣り日和じゃないか」
「あなた、釣りが趣味だったの?」
「んんや?」
 
 釣りをするのはたぶん初めてだ。過去は知らんが、この国に来てからはやったことはない。
 まぁなんとかなるだろう。
 しかし、待てども待てども一向に釣れる気配が無い。そもそも殺人魚というぶっそうな魚がほんとうに居るのやら?

 「釣る場所がわるいんじゃないかしら?」
 

 そう言われて、反対側にめがけて釣り糸をたらしてみた。
 しかし――、釣れませんねぇ。
 
「やっぱり釣りにもいろいろと技術が必要なのじゃないかしら?」
「そんなはずはない、そこらの適当なおじさんも、趣味で魚釣りやっているじゃないか」
「趣味でやってても知識はあるでしょう? あなたは釣りの知識あるの? だいたい狙っているのは殺人魚でしょ? 素人でも釣れるの?」
「今、学んでおる(。-`ω´-)」
「お前さんなにをやっておるのだ?」
 
 しばらくの間桟橋で釣りに励んでいると、あまりにも帰りが遅いのでエイルウィンは様子を見に来たようだ。

「ルメア湖の殺人魚はそこらじゅうで見つかるはずだが、釣ってもつかまらんぞ。ただ飛び込んで、捕まえて喉を掻っ切って、鱗を持ってきてくれ」
「それは漁師の領分じゃないと思う……(。-`ω´-)」
 
 どうやら俺は、湖に飛び込んで殺人魚とやらと格闘しなければならないようだ。

「大変なことになったよ」
「だから情に流されてばかりいたら、ろくなことにならないって言ったのよ」
「手伝ってくれないのかな?」
「あなたの仕事でしょ? 危なくなったら駆けつけるわ」
 
 そんなわけで、俺は思い切って湖に飛び込んでやった。
 殺人魚だかなんだか知らんが、所詮は魚だろ? たいした事無いはずだ。
 これが殺人魚雷コンビだったら大変だけどな。
 

 いや、思ったよりでかいぞ殺人魚。しかも水中だと攻撃魔法も杖も使えない。
 しまったな、短刀ぐらいでも持ってくるんだった。
 

 仕方が無いので格闘戦しかない。
 しかしここは水の中、踏み込みとか効くわけもなく、ふわふわと軽いパンチしか繰り出せない。
 まぁ相手も所詮は魚。噛み付こうとしてくるだけなので、かわすのは簡単だ。
 こんな時、シェイディンハルの魔術師ギルド推薦状の時にもらった水中呼吸の魔法が役に立つ。攻撃魔法は使えないが、自分にかける魔法は使えるようだ。
 そういえばエイルウィン、捕まえて喉を掻っ切ってとか言っていたな、どうやって掻き切ろう……(。-`ω´-)
 
 しばらくの間、俺は水中戦を演じることとなってしまった。
 以前ギルドを裏切ったカランヤに放った拳の一撃も、水中だと効果は半減以上。
 それでもなんども殴りつけるうちに、殺人魚はだいぶん弱ってきたようだ。俺も疲労困憊だけどな……
 
 最終的には、捕まえて喉に噛み付いてやった! 俺は熊かよ!
 

 というわけで、殺人魚の退治完了。
 鱗は12枚でいいんだったな、剥がすのも気持ち悪い、生臭い。
 殺人魚の鱗を取って陸地へと戻った時、俺の疲労もピークでしばらくの間、浮力の無い陸地へ上がることはできなかった。
 

「疲れた……、陸上で普通に戦うものの十倍は疲れた……」
「ご苦労様。ね、ろくなことにならないでしょ?」
「すまん、エイルウィンにこの鱗を届けてくれ、俺はもうダメだ……」
「嫌よそんな生臭い鱗、気持ち悪い」
 
 そのまましばらくの間、俺は自称幼馴染の許婚を語る娘に見下ろされながら、水際に倒れたまま肩で息をし続けていた。
 
 ………
 ……
 …
 

「ほらっ、鱗12枚! 今ならお買い得一枚1000G!」
「話が違うっ、このルメア湖の宝石と交換だ!」
「この国の宝石は安い! 上質なダイヤモンドで宿賃十日にしかならない!」
「水中呼吸ができるようになる不思議な指輪だぞ!」
「それならば水中呼吸の原理を述べよ!」
「えらを使って水中の酸素を取り込むのだ! たぶん!」
「俺はえら人間になりたくない! 偉い人間にはなりたいっ!」
「鱗は頂く、宝はやる、おしまい! 若いの、あんたは偉いっ!」
「こんな鱗集めなんかにマジになっちゃってどうするの?!」
「マジになってたのはあなただから……」
 
 というわけで、水中呼吸ができる指輪を入手した。
 まぁ世界が水没した時、この指輪に利用価値が生まれるってことだろう。
 この指輪を使って海底にある土でも集めて、貴重な土と食料を交換してもらおう。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記