home > 投稿 > > 支部の人事 前編 ~三人の候補~

支部の人事 前編 ~三人の候補~

 
 さて、逃げるように魔術師大学へと戻ってきた俺は、ブルーマギルドの支部長にについてラミナスに相談した。
 何故逃亡生活みたいなことをしているのかわからんが、俺は過去を恐れているのだろうか?
 あの娘と深く関わったら、今の俺の生活が崩れてしまうのではないだろうか?
 そんな不安にかられるのだ。
 少なくとも今は、俺はシロディールの魔術師ギルドの最高峰アークメイジだ。
 ギルドのメンバーは、すれ違うたびに「アークメイジ様、ごきげんよう」と声をかけてくれる。この生活は悪くない。失いたくない。
 でもあの娘は俺のことをなぁ……(。-`ω´-)
 

 さっそくラミナスに切り出す。ブルーマ支部の人事について。
 どうやら最近は、立派なギルド支部長を見つけるのが難しいそうだ。たぶんファルカーのせいだな、あの裏切り者。
 俺はジ=スカールで良いと思うのだが、彼には彼の野望があるのだ。無茶苦茶しょうもない野望だが。
 
 そこでラミナスは、現在三人の候補が考えられると言ってきた。
 一人目はイラーナ・ソニミア。たいていは、信頼できて、誰にでも好かれている。たいていはという言葉がひっかかるが……
 二人目はジ=スカール。元ブルーマ所属だからブルーマに馴染みがあると。俺もそう思うのだが、あの人はなぁ……まったくしょうもない野望を……(。-`ω´-)
 三人目はジュラーエル。最も相応しかったのでしょうが……、となぜかラミナスは口をつぐんでしまった。
 
 まぁイラーナかジュラーエルに絞って話を聞いてみるか。
 しかしイラーナってまさかコロールのイラーナさん? あの人、霊峰の指を持っているんだぞ? やばいぞ? いや、実力的には支部長候補だろうけどね。
 そのイラーナは大学に居るらしいし、ジュラーエルについてもいろいろ聞いてみよう。
 
 大学の研究室、錬金術館、カイロナジウムなどでいろいろな先生と話して回って見たところ、なにやらイラーナの評判がすこぶる悪い。
 曰く、イラーナは安物のラミナスだから、ジュラーエルを探すべき。イラーナのことは好きではない。イラーナは相応しくない、彼女が特に尊敬を得ることは無い。
 酷い言われ方だな。でも新人の学生達には評判がいいらしい。
 とりあえず会ってみた。
 

 うん、小柄で優しそうなおばさんだ。
 ジ=スカールの獲物として、これほど相応しい人は居ないだろう。この人を支部長にしたら、気の毒な未来しか見えん。
 しかしここの生徒には慕われているようだから、無理に引き離すこともないだろうし、ジュラーエルにも一度会ってみないとね。
 
 ジュラーエルについて詳しい話は、カイロナジウムのデルマールから聞くことができた。彼には以前、魔術師の杖を作ってもらったことがある。いろいろ役に立ったよ、麻痺の杖。
 で、ジュラーエルだが、最も優秀だったとかベタ褒めしまくりんぐ。そんなにすごかったのか? ならば何故ここに居ない?
 それは、約七年ほど前に、評議会でトラーベンと口汚く言い争い、大学を去ったのだという。
 おお、評議会は元々四人か。一人は喧嘩別れ、二人は裏切られ、ハンニバルも気の毒なこった。
 そのジュラーエルは生と死について研究していたので、なにやら死霊術師と間違えられていたらしい。しかしデルマールの知る限りでは、死霊術ではなかったと。
 そして最後に、レヤウィンギルドのアルヴェス・ウーヴェニムなら、かつてジュラーエルと親しかったので、彼がどこにいるか知っているだろう、と。
 
 レヤウィンか、シロディール最南端のジメジメした気候の場所だな。
 
 あ、ちなみにデルマールは、イラーナのことを「彼女は馬鹿です。この人事でまたギルドを駄目にしてしまうでしょう」と言ってきた。イラーナはもういいよ、ジュラーエルと話してみよう。
 問題は大学の面々が、揃ってジ=スカールは可哀想だからそっとしておけ、彼は挫けていると言うことだ。既に立ち直っていて、新しい支部長に仕掛けるイタズラを考えているのですけどね……

 

 というわけで、南へ向けての旅を始めた。
 旅はいいねぇ、アークメイジの部屋なんか、戻りたくない戻りたくない。
 南への旅路の途中、久しぶりにある場所に通りかかった。
 

 白馬騎士団の隊舎である、白馬山荘。
 俺はここで、マゾーガ卿と同棲――していない!
 もうここはマゾーガ卿にやることにしていた。だが久しぶりなので、ちょっと会ってみようか。オークは顔が怖いけど……
 

 しかし、彼女はまだ眠っていた。
 俺は、その寝顔を見つめて思った。
 
「うーん、やっぱりオークは怖い……」
 
 それに比べたら、あの娘はやっぱり……
 あまりじっくり見たわけではないが、思い出して見よう。多少美化されるかもしれんがw

 うーん……(。-`ω´-)
 
 女性はトカゲやオークやおばさんとばかり知り合うこの国。しかしあの娘は、けっこう美人で可愛いかもしれない。
 あの娘と向き合って、過去と対面するのも悪くないかもしれない。
 これまでは逃げてばかりだったけど、一度じっくりと話し合う必要もあるかな?
 過去がどうだったであれ、あの娘と新しい世界を築き上げるという選択肢はあるはずだ。
 
 少なくともあの娘は、敵というわけではなさそうだし……
 いや、許婚だっけ? そこが怖いんだよ……
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記