home > 投稿 > > アークメイジのラムリーザ ~近況~

アークメイジのラムリーザ ~近況~

 
 プロローグ
 
 
 気が付くと、見知らぬ土地にたどりついていた。

 ここがどこだかわからない、でもこれだけははっきりと分かっている。
 
 
 どこで何をしているのかわからないが、きっと彼はここに居る――、と。

 いつか探し出して――
 
 
 ………
 ……
 …
 
 
 俺の名前はラムリーザ、タムリエルという大陸にシロディールという国がある。その国の中心インペリアルシティにある魔術師ギルドの最高位、アークメイジとしてギルドをまとめる立場にあるものだ。

 元々全ての記憶を失ってこの国に迷い込んできた者なのだが、記憶を取り戻すために魔術師ギルドの力を借りようと思ってギルドに参加したところ、いつの間にかどんどん出世してしまってこうなった。
 それまでにはいくつもの試練があったが、詳細は割愛。最終的に宿敵マニマルコを倒し、死霊術師の野望を防ぐことができた。
 その過程で元々アークメイジだった、ハンニバル・トラーベンが倒れ、その後釜として流れ者の俺が就任したと、これが今までの流れ。
 今の俺は、過去の記憶なんてどうでもよくなっていた。
 このアークメイジとして君臨する今現在こそが、俺の新しいあるべき姿なのだと認識していた。
 

 さて、魔術師大学内にあるアークメイジの部屋で寝泊りするようになったわけだが、この部屋はアカン。
 何しろ窓が一つもないので閉塞間がハンパない。これじゃ軟禁されている牢屋みたいなものだよ。
 先代アークメイジのハンニバルは、よくこんな部屋で過ごせていたな。俺は、何か外に出る口実が欲しかったが、今ではアークメイジとしてギルドを治める者。そうわがままは言えたものではない。
 
 アークメイジの仕事はとくになかったりする。
 今でも新人を担当しているものはラミナスだし、他のメンバーも大学内をうろうろ――、なんらかの研究に没頭しているようだ。

 この機会を利用して、俺はデイドラについて調べてみることにした。
 これまでデイドラといろいろと関わってきたが、どうもよくない、よくない、よろしくない。
 神様らしいのだが、中には明らかにおかしいだろう? というものまで混じっている。シェオゴラスとかメファーラとか……
 
 デイドラの書によれば、シェオゴラスは「人知を超えた動機を持って狂気を司る」と書かれている。
 なるほど、それで信者達は下着姿の女や下半身丸出しの男が集まっていたのか、狂人を目指す信仰、基地外だな……って、それこそシェオゴラスの目指すところか、基地外だな……(。-`ω´-)
 
 次にメファーラも調べてみる。
 ウェブスピナーと呼べとか言っていたとおり、蜘蛛、紡ぐ者などの名前で知られているようだ。それが何故、平和な村で殺しを命ずるのだ?
 書によれば「気晴らしに世の中の情勢に干渉する」と書かれているが、気晴らしで村の平穏をつぶされたら敵わん。書にあるように、確かに命ある者にとっては度し難い。
 
 もう一人俺に迷惑をかけたサングイン。こいつは「享楽的な馬鹿騒ぎと放蕩、そして官能へのなんたらを司っている」ということだ。
 パーティで裸になる、確かに享楽的な馬鹿騒ぎ。
 
 こんな奴らが神様として祭られている世界、大丈夫か?
 
 

 アークメイジの部屋には、ニルンルートなども飾られていた。
 そういえば、スキングラードのシンデリオンが、ニルンルートを集めていたな。エリクサーが役に立つのかは今の所わからんが、たんなる草だ、欲しいという者に与えるがよかろう。
 
 ハンニバルは、評議会というものを作ってギルドを纏めていたようだが、どうも評議会を再建させる気になれない。
 結局メンバーが全員裏切ってしまったというのもあるし、メンバーがアークメイジ含めて三人だけというのなら、有能な副官を置くだけで評議会まで作る必要は無い。
 それに、俺は新参者。副官を任せられるような人材に知己は無いし、いくらか親交もあるジ=スカール先輩は、イタズラばかり考えているような人――、獣族カジートなので、下手に側に置くと俺がイタズラの標的にされる恐れがある。
 他に有能な人と言えばラミナスだが、彼は新人の育成や人事担当で、そちらに専念させたほうが都合が良い。
 あと知己がある人と言えば、アリーレさん? だめだ、アークメイジの座をのっとられるかもしれないから却下。
 支部は支部で有能な人がマスターやれば良いので、大学から選出……おらん。まぁ独裁でもええか……(。-`ω´-)
 
 そんな感じが俺の近況だ。
 とにかく外に出たい、何か起きないだろうか?
 ジ=スカール先輩と組んで、何かイタズラでも企ててやろうか? 俺はアークメイジだけど……
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記