home > 投稿 > > 世界でいちばんNGな恋 第一話 45センチメートルの友情 ~その4~

世界でいちばんNGな恋 第一話 45センチメートルの友情 ~その4~

 
世界でいちばんNGな恋
 
45センチメートルの友情 その4 あらすじ
 
 五日後、理はまだテラスハウス陽の坂にお世話になっていた。
 相変わらず家賃滞納の三人は、送別会という名のボウリング大会で、またしても理の金を巻き上げようとする。
 そして最終日の夜、美都子にお礼を述べに行く理だが――
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 
 美都子の身の上話を知ってから、まだ家賃滞納でゲームしている三人にちょっと腹が立ってきますぞw
 どうやら今回はボウリングのようです、ただしアナログではなくデジタルで。
 理さんも突っ込んでますが、家賃に回しても良いような金で新しいゲーム機を買っているようです、ダメだこいつら……(。-`ω´-)
 まあでも、こうして同じアパートの住民が一室に集まってゲーム大会するってのは、自分も大学生時代を思い出して懐かしい気分にさせてくれますからね。
 21世紀になってからは、物理的に人が集まることは少なくなり、オンラインが主流になっていきましたからね。
 
 場面代わって夜のアパート内廊下での、美都子との会話。
 ここでの理さんを見ていると、やはり社会人が主人公なのだなと改めて実感します。
 この態度は、高校生の星野航や百瀬裕一、大学生の高村仁には演じられない姿だと思います。
 そして、どちらかと言えば年が近い分かな、結構理さんに感情移入できますね。
 最初はボイス入りだから第三者の視点で眺める物語になるかなと思っていたけど、意外と考え方などに、これまでの主人公よりも共感できる部分が多いです。
 もっとも、この主人公が美都子ちゃんに手を出したら「お縄」なのでしょうが、これはPSP版なので安心してプレイを進められますw
 
 この場面での会話は、前回の話の続きって感じかな。これから学校が始まるのにバイトを掛け持ちしている美都子を心配する内容となっています。
 今はなんとかなっているけど、その内破綻してしまいそうだなぁ……
 そうなったら三人も放り出されるので、さっさと家賃払った方が良いと思うけどねw
 
 とりあえずここでは友達関係に進展させようとしているのか――
 
 
 それでは今回はこのぐらいで。
 
 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記