home > 投稿 > > 九十九日目 アイアンゴーレムトラップ完成・新型村人輸送策

九十九日目 アイアンゴーレムトラップ完成・新型村人輸送策

 
 九十九日目、2020年10月7日の記録です。
 通路以外に青氷を使うことが無くなったので、今回から2セットの青氷を通路に投入です。
 つまり、32ブロックずつ進行することとなり、目標地点への到達が半減されましたとさ。
 
 
 というわけで、北の通路から。
 

 地上に出て見ると、なんだか荒っぽい地形で少し驚いたりしたけど、前回の撮影が塔の見える限界点だったので、今回はもう塔は映っていません。
 どうしようかな、これからはもう進行方向だけの撮影でいいかな。
 これまでの航跡を見ていくというコンセプトも悪くないのですけどね。
 まぁちょっと考えて決めていきます。
 

 進行方向では、北の座標的にはもう東のタイガを抜けたと思います。
 針の山方向に見える木々は、湿地の木々だったりします。
 ちょっと撮影後にそのままスペクテイターモードで湿地を偵察してみたけど、ウィッチの小屋は今回撮影位置から針の山方面に向かったその直線上にあるって感じでした。
 通路から結構東に行かないとダメなのよね。青氷の通路は、直線コースは最速だけどカーブできないからなぁ……
 
 到達座標はZ軸は45になり、目標の-151まであと196ブロック。
 16ブロック進行ならあと13日です。32ブロック進行ならあと7日、一週間です。
 
 
 次、東の通路。
 

 こちらも予定通り、塔は描画範囲から消えました。
 あとは島が遠ざかっていく景色が延々と続くだけ。こちらも航跡を記録するかどうかですなぁ……
 

 進行方向東の景色では、正面の湿地帯にある木々がはっきりと見えてきました。
 それと近づいていた小島が左手前まで迫ったところですね。
 次回には小島は通り過ぎて、航跡の方に映ることになるでしょう。
 
 到達座標はX軸が513となり、目標の1000まであと487ブロック。
 16ブロック進行ならあと31日です。32ブロック進行ならあと16日、ようやく一ヶ月切ったなー。
 
 
 
 そして本題の、アイアンゴーレムトラップ。
 最後に残った作業は、村人を格納すること。セオリーでは、トロッコを使って運ぶということですが、ちょっとめんどっちい。
 そこで、1.14以降の仕様を利用した、村人の新しい格納方法を試してみます。
 それでは今回は一気に完成まで持っていきますよーっ!
 

 まずは湧き層の上に、ガラスで村人を格納する場所を作って、そこからスライムブロックで通路を作っていきます。通路の行く先は、地上の村人が居る場所。
 写真では夜に撮影したので、村人はベッドで寝ています。目を開けたまま……
 そしてこの方法は、1.14だったかな? 村人の仕様が変わって、夜になるとこのようにベッドで寝るといった性質を利用したものです。
 また、職業ブロックにも接触するといった性質も利用しています。
 

 このように昼になった地点でベッドを撤去して、トラップの格納したい場所に設置しなおします。
 さらに職業ブロックも移動。写真ではスライムブロックで隠れているけど、ベッドの頭の先に置いています。
 この時、ベッドと同じ高さに職業ブロックを置いて、その上をガラスで塞ぐと機能しません。必ずベッドよりも一段高い場所に職業ブロックを置きましょう。
 
 こうすることで、写真のように村人の方から勝手にトラップの格納場所へと向かってくれます。
 

 職業ブロックの前でまごまごしていたら、押し込んでやればいいです。
 どっちみち、夜になったらベッドに入るので、ほっといてもよいのですが……
 
 とまぁ、そんな感じで写真のように村人は格納場所に入ってくれました。
 

 後はガラスで囲って閉じ込めて上がり。
 司書と農民は、閉じ込めた後も取引は続けたいので、ブロックで仕切って個別にすることにしました。
 ちなみにこの司書二人は、修繕とシルクタッチと幸運持ちです。とりあえずこの三つがあれば困らないかなと。
 
 

 次は農民の移動。農民は石工などと混ざって生活しているので、寝ている時にどのベッドで寝ているか確認。そのベッドを撤去します。
 
 後は同じやり方です。
 トラップの上にある格納場所に小部屋を作って、そこに農民が使用していたベッドを設置しなおします。
 ついでに農民に結びついているコンポスターも、先ほどと同じように設置。
 

 すると夜になると、勝手に農民の方から格納場所のベッドに向かってくれるので、寝た後に周囲をガラスで囲って完成。
 

 同じ要領で、後はごちゃまぜ部屋に石工と司祭を連れてきて完了です。
 正確に言えば、連れてきたのではなくて、勝手に村人の方からベッドに向かってくれましたとさ。
 
 以上、村人がベッドや職業ブロックに向かう性質を利用して、村人の方から格納庫に入ってもらう作戦でした。
 
 

 既に五人以上居るからゴーレムは湧くのですが、空いた場所にもどんどんベッドと職業ブロックを置いていきますよ。
 後はパンでも投げ込んでおけば、勝手に増えてくれます。
 パンを投げ込んだ直後の光景が、なんだか滑稽に見えたりします。というのも、村人がドワッと群がるのよね。
 まるでスラム街で「金やるぞーっ!」って紙幣をばらまいたら住民がドッと集まってくる、何かの映画であったそんなワンシーンを彷彿させます。
 

 後はベッドと職業ブロックをぎっしり埋め込んで終わり。
 塔の隣に作ったのは、塔からガラスの足場を通って村人格納庫まで行くことができ、そこで取引ができるようにしようと考えた結果でした。 

 
 というわけで、アイアンゴーレムトラップ完成です。
 鉄に困っているわけじゃないけど、折角だから作っておきました。
 でもなんだか鍛冶師が鉄とエメラルドを交換してくれるので、ゴーレムトラップを作ることでこれもエメラルド増殖手段になりますね。
 次回からは新しい建物――といっても厳密にいえばリメイクですが、それをやっていきます。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記