home > 投稿 > > 百六十七日目 ~ 百六十八日目 いろいろと今後の方針を考えております

百六十七日目 ~ 百六十八日目 いろいろと今後の方針を考えております

 
 このシリーズ、いろいろと今後の流れを考えております。
 最初の方は毎日のように新しい発見があっていろいろと記録してきたわけですが、一通り体験し終わるとあとは単調な日課作業になっているのが最近のプレイです。
 それはそれで、少しずつ少しずつ世界が創り上がっていく様は楽しいものですが、記録としては単調な記録でぶっちゃけ書いていてそれほど面白くなくなってきた。
 そこで、毎日記録を取るのはやめて、例えば一週間単位で進捗記録を取るか、何か大きな変化やネタがあった時に書くだけにしようかなと考え始めています。
 
 例えば百六十七日目、2019年7月15日の記録ですが、らむたんタワーの積み上げしかやっとりません。
 

 とりあえずこれまでの流れで進めますが、10階となり高さ限界まであと23階。
 手際が悪いのか、この積み上げ作業に、だいたい一時間ぐらいかかっております。もっともタワーだけでなく、城壁や城の周囲拡張込みですが。
 

 一日3マスの拡張と決めて、日課にして毎日作業しているので、日々の進捗はそれほどわからないのですが、気がつけばこんなに城から離れていたってなるのですよね。
 
 
 そして次、百六十八日目、2019年7月16日の記録となりますが、らむたんタワーは11階となり高さ限界まであと24階。写真は割愛。
 

 代わりに城壁の拡張進捗。
 この南側の城壁、東側の城壁とどこでぶつかるか、それを考えながら進める必要があります。
 

 その東側の城壁は、まだ作成段階に入っていません。今は丁度東側の街路が出来上がったところです。
 写真を見れば解りますが、東側は砂漠の山になってるのです。
 これを崩すのがまためんどくさくて、一日一列、砂はTNTに、砂岩はタワーの壁にといった感じに利用しながら広げております。
 一日一列縛りにしているのは、一列の砂岩搬出量と、タワーの壁として消費する数の兼ね合いなのですよね。
 これを一日二列削り、タワーを一日二階積むとかやればペースは上がりますが、プレイがそれだけになってしまうのがちょっとね……
 
 
 それ以外にも、以前山を削って赤い花を敷き詰めた場所がありますが、そこの開発も少しずつ進めております。
 最終的にはジャングル前拠点から、砂漠の城まで陸路を作るのが目的です。
 

 こんな感じに、アイアンゴーレムトラップが稼動している限り、赤い花の絨毯は広がって行っています。
 

 そして削った山の地点を過ぎると、そこは普通の森? 林? そんな場所になっています。
 

 その林の中に、ぽっかりと空いた大穴。
 その穴の割と浅い位置にゾンビスポーンブロックを見つけていますので、そこにゾンビトラップを作って新たな拠点を作るかな? というまが当面の目標になっとります。
 

 ただし、大穴は結構深くて探索が必要です。
 そこでこの日は、この大穴の探索に時間を費やしておりました。
 

 これがまた深くて広くて、地の底の溶岩溜まりまで続いておりました。
 この探索に、大体90分ぐらいかけています。
 先ほどのタワー作成が1時間、洞窟探検が90分、合わせて2時間半が主な活動となってますね。
 残りの時間は、城で生産した素材のうち、城の倉庫いっぱいになったものを本拠地やその他拠点に輸送したりです。
 現在は鉄、スライムブロック、サトウキビ、カボチャが自動収集装置を作ってから在庫があふれてきている素材です。
 地味にオークの原木、シラカバの原木、シーランタン、プリズマリンレンガ、TNT爆弾等も城の倉庫を一杯にする可能性がでています。
 新しい発見だらけの初期を過ぎると、あとは地道な作業が多いゲームなのですよねぇ……
 
 
 さて、今回はここで一旦記事を終了しますが、次回はどうしようかなぁ……
 地道に進捗記録を書いていくか、大きな変化やネタがあった時にまとめて書くか……
 そろそろオブリビオンのプレイ日記物語第三章も準備が整い開始間際です。
 いろいろとこのブログの方針を考えているところでした。
 
 おまけ

 夜に浮かび上がるらむたんタワーの景色 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記