home > 投稿 > > 第四十六回 第7話 アイ・ラブ・浩二(前編) ~その3~

第四十六回 第7話 アイ・ラブ・浩二(前編) ~その3~

 
ままらぶ
 
第四十六回あらすじ
・高級レストランでの食事をイメージトレーニングする小雪
・父親昭に相談する浩二
・浩二と小雪のデートが始まる
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 
 つくづくトリトンホテルに縁があるのだねぇ
 第1話で涼子と出かけたのと、第5話で涼子の縁談をクリスと一緒に妨害したりね。
 んでそのトリトンでは、最初のイメージトレーニングをそのまま本番で同じことしか言ってないのな。会話になってないしw
 
 ところで浩二と小雪の二人で見に行った映画って、何かモチーフがあるのだろうか?
 出てくる情報では、恋愛物でもホラーでもない。ラストで二人が生きているのか死んじゃったのか分からない。敵のボスの方が主張が正しくて可哀想、主人公はヘタレ。何か特徴的な建物がある。いつの間にか人が生き返る場面がある。
 笑ってこらえてのゲストクイズみたいだけど、これらの情報から思い当たる映画は……
 とりあえずホラーじゃない地点で知っている情報がかなり制限されるからなぁ。
 わけの分からない説教映画だと言われてもなぁ……
 でも二時間半って長さの映画だとある程度絞れないかな? 結構長いよそれ、ベンハーとかああいうのになるのじゃないのかな? でもアレはモヤモヤする映画じゃないしなぁ。
 長くてわかりにくい映画だと、個人的には地獄の黙示録を挙げるけどね、あれはよくわからんかった。2001年宇宙の旅も微妙かな、ラストとかわからん……
 
 しっかし、なんで一枚絵の大きな絵は、構図をナナメにすることが多いのかね?
 今回もなんかテーブルの上のコップが滑り落ちそうで、不安になるような絵になっているのだが……
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記