home > 投稿 > > 第三十四回 第6話 フローリアス青春白書 ~その1~

第三十四回 第6話 フローリアス青春白書 ~その1~

 
ままらぶ
 
第三十四回あらすじ
・浩二の部屋に入り浸っている瑠璃
・樹ヶ丘に馴染んでいることに反発した瑠璃は、本来の目的を思い出す
・瑠璃は浩二を連れ出す作戦を練るために、かおりに協力してもらおうとする
・瑠璃が涼子に手切れ金を渡す
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 
 今回から、瑠璃のストーリーを見ていくことになりました。
 かおり編、クリス編と見てきて、その個別ストーリーに入る前に分岐点となる話が入るっぽいことが分かったので、少し様子を見ながら話を進めました。
 そうしたところ、どうやらこの第6話は、瑠璃をメインヒロインに持ってきた話のようですね。
 ――というわけで、瑠璃編開始です。
 正直瑠璃の奴隷になる展開は嫌だけど、ここは我慢して瑠璃よりの選択を選んでいきましょう。
 
 途中に入ってきた英文の和訳、ずっと昔の銀河系で――
 なにか意味があるのかな、と調べてみたら、スターウォーズの序文か。
 吹き替え版しか見ないからわかんなかったw
 
 しかし瑠璃、かおりにいろんなパターンを提示してもらうが、全て歪んだ解釈をしてしまう。
 どうやったら中三でここまで歪むんだよ。
 あとこれはそういうゲームですが、相手が中三でも大丈夫なのですか? まさか中三とやるの?
 まぁ別にいいけどねw
 この手のものに文句を付ける人って、表現の自由に反しているとは考えないのでしょうかね?
 まぁ現実の話となると別ですが、アニメやゲームといった創作物に対して制限を付ける人は、たぶん表現の自由って言葉を知らないのでしょうね。
 何かを引き起こす可能性があるため規制するというのなら、カニ、ウニ、レバーは痛風という厄介な病気を引き起こす可能性があるから規制すべきではないでしょうかねぇ?
 食べなければいいじゃんと言うのなら、アニメやゲームだって見なければいいじゃんで片付きませんかね?
 その辺り、なんか世間はダブルスタンダードというか、意図的な悪意を感じますね。
 まぁ私はこのジャンルはブログの奥に埋もれさせて隠していますけどねw わざわざ見に来て文句言うなよ?
 とりあえず私に絶対的な権力があれば、その辺りの価値観というか、規制の緩さを昭和時代に戻してみたいと思ったりしている。
 そうすれば、テレビはもっと楽しいものになるだろうなぁw
 
 ん、話題がずれてる。
 まぁいいか、そんなとこです。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記