home > 投稿 > > 第81楽章 ブロニーの成長サポート その12 ~思い出が集まる場所で~

第81楽章 ブロニーの成長サポート その12 ~思い出が集まる場所で~

 
 思い出が溢れそうになったら話を聞いてあげるさ――(ラムリーザ談)
 
 
 10年ぶりマビノギのプレイ日記、9月6日のプレイ分です。
 前回は、エリート影ミッションに行ってみた話でした。
 今回は、7月下旬ぶりのブロニークエストの話です。
 
 
 しばらくの間、APが無くなるまでブロニークエストはお預けにしておきました。
 しかしこの日、ちょうど0になるようにAPが枯渇したので、補充するために話を進めることにしました。
 タイトルは「思い出が集まる場所で」で、ダンバートンの広間に居るブロニーに話しかけることでクエストが始まります。
 
 

 久しぶりにダンバートンに帰ってきたらですか、一か月半ぶりだもんなぁw
 御無沙汰しまくりで、そろそろ疎遠になるかなって気もしますが、まぁ気にしないで進めましょう。
 
 ブロニーの話では、思い出話の2巻が完成したそうです。
 つまり、このクエストが2巻ラストということですか。
 そしてブロニーは、全ての記憶を取り戻したと言うのです。
 そうなることで、他の人たちにも姿が見えて声も聞こえるようになったようです。
 
 そして記憶を取り戻したブロニーは、精霊の姿に戻ります。
 でもその前に、必ずやりたいことがあるようです。
 これがエロゲだったらえっちなんだけど、健全なゲームでは何でしょうか?
 
 ――とまぁ、合奏だったわけで。
 
 
 合奏かぁ……
 
 10年前のプレイで、何曲か合奏用の楽譜を作ったなぁ……
 その時の楽譜はテキストファイルで保存していたので、古いPCをサルベージして今も使えるようにしております。
 基本的に2人プレイだったので、2人用楽譜ばかりですけどね。
 
 そしてブロニーと、ダンバートンの広場で合奏することとなりました。
 広場で合奏だなんてやったこと無いですなぁ……
 今やるなら農場で演奏ですかね。
 
 

 というわけで、エヴァンに広場での演奏許可を求めます。
 特に許可は要らないので、すぐに始めてよいそうです。
 
 

 こうしてダンバートンの広場で、ブロニーと演奏することとなりました。
 広場の様子が活気があっていいですね。
 普段の様子は、誰も居ない感じか、みんな内側向いて横一列に並んでいるだけ。
 例えば会話は、この写真の右下みたいな感じに、お互いに向き合って会話するのが普通でしょう。
 しかしゲームだと、何故か横一列に並んで会話というシュールな光景が……
 

 用意されたのは、ピアノとドラムセットとマイク、三人必要ですか?
 ポールがピアノでリンゴがドラム、ボーカルは……ミック――だと別グループだ。
 
 よし、仕方ない。
 リトル・リチャードばりに、ピアノ弾きながら横向いて叫びましょう! アルシーアゥ!(`・ω・´)
 
 

 ラムリーザお前ピアノなんかーい!
 交易頑張ってドラムセット買ったんだから、そこはドラムでしょうが!
 
 まぁいいか、ピアノ弾き語り、レットイットビー!
 

 そして歌うのはブロニーの様です。
 ドラムが居ないじゃん。
 そこはドラム叩きながらスカイハーイ!って歌わなくちゃ。
 
 ピアノとドラムだけ、そこにサックスでも加わるとジャズバンドですかねぇ?
 
 

 ラムリーザがピアノを弾き始めると、雑談していた三人が突然振り向きました。
 たぶんいきなりモニヤのテーマなどを引き始めたから、びっくりしたのでしょう(謎)
 

 そして歌が始まります。
 プレイ中には歌詞の内容がいまいち頭に入ってこなかったので、ここに記録しておきましょうか。
 
 
 空っぽの空間に淋しく残された声
 青い空の上に 二つの月光だけが私の友達だった
 一人で留まって 存在していた時間の中
 そっと風に乗って 青い香りに導かれて私のところにやってきた君
 共にした冒険、その記憶が出会いという贈り物となり
 運命を描いてくれた君に 叫びたい
 

 
 この瞬間を 忘れないで
 共にした多くの 太陽と月と星の旅路
 君がそばにいてくれたから
 輝かしい思い出になる
 
 近づく太陽、これからも新しく描かれる
 私たちの日々が 幸せな明日への一歩になるよ
 

 
 幸せな明日への一歩になるよ
 
 
 

 以上、ブロニーリサイタルでした。
 
 プレイ中は歌詞が頭に入ってこなかったけど、こうして書き起こしてみるとブロニーが体験した出来事をそのまま歌にした感じだね。
 よくある手法です、パルフェとかこの青空に約束をとか(謎)
 
 

 そして満足したブロニーは、精霊の姿に戻ることになりました。
 これからの思い出話は誰かの記憶をたどるのではなく、二人で新しく書いていくこととなりました。
 精霊の姿に戻ってもずっとそばにいるってどうなるのだろうね。
 昔のチュートリアルでは、アイリとさようならしてOPだったけどね。
 
 クエストが終わると、ブロニーの笛が貰えました。
 つまりペットになるわけですか、それはそれで良い感じです。
 
 
 
 
 以上、ブロニークエスト第2巻が終わりました。
 次も引き続きブロニークエストを進めます。
 
 次回エリン小夜曲第82楽章、ブロニーの成長サポート その13 ~ネイルの音楽の基本~
 
 ――エリンの歴史がまた1ページ
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2023 らむのゲーム日記