home > 投稿 > > 第79楽章 アイリーンとお別れの日 ~あしながミレシアンイベントの顛末~

第79楽章 アイリーンとお別れの日 ~あしながミレシアンイベントの顛末~

 
 自分がアイリーンで、アイリーンが自分で?――(ラムリーザ談)
 
 
 10年ぶりマビノギのプレイ日記、8月24日~31日のプレイ分です。
 前回は、メイズ平原遺跡を攻略してみた話でした。
 今回は、あしながミレシアンイベントの顛末について書いていきます。
 
 
 この日、少女だった娘は旅立っていきました。
 

 少女に話しかけた瞬間、なんだか一瞬で成長したような錯覚がするけど気のせいと言うことで(^ω^)
 
 結局両親は戻ってきませんでしたが、ラムリーザとクリステルを自分の家族だと思ってくれていたようでした。
 クリステルとかぁ……、タルラークに悪いですよ(謎)
 ――とまぁ、G1の記憶が少しは残っているのですけどねw
 

クリステル「振り向かなかったわね、アイリーン。強くなったわ」
ラムリーザ「あれでいい。行くぞ」
 
 などという会話がなされたとかなされなかったとか……
 
 こうしてアイリーンは――
 
 
 
 三人に分裂しました(^ω^)
 
 
 
 

 一人目、料理人アイリーン。
 最終的にゴードンの所で働くようになった世界線の一つ。


 このセリフを聞いたとき、ファイトクラブという映画を連想したりしたのだけどなぁ……
 アイリーンなんて存在しなくて、料理人を目指しているのは自分なんだとかそんなこと。
 でもアイリーンと言う人格を使って目指すと言う謎展開を。
 
 やったことと言えば、ほとんどTボーンステーキばかり作っていたと思います。

 


 二人目、騎士アイリーン。
 
 ここまで来るまでに、毎日今日のミッションを繰り返していました。
 それ以外には、太い糸を集めたりクィリンストーンを集めてたりしていたかな。


 何故かラムリーザがトーナメントで戦うことになったりしたなぁ……
 まるでアイリーン=ラムリーザであるかのように。
 
 
 

 三人目、宴会人アイリーン。
 人に幸せを届けられるようになったということか。
 
 この世界線では、ひたすらアルバイトを続けていた気がします。
 

 それ以外では、何故かラムリーザが似顔絵を描いてもらうことに。
 やはりアイリーンとプレイヤーが同一人物だと思わせる作りになっていたなぁ……
 
 
 アイリーンが旅立った後に会うと、これまでと同じクエストを繰り返すこととなりました。
 Tボーンステーキを作って、アルバイトを1つやって、アデールと戦って――
 なんだか手抜き感漂っていますが、まぁいいや。
 
 

 思い出の品として、農場にイーゼルとミニチュアアイリーンを設置できました。
 イーゼルをクリックすることで、思い出話をいつでも見られます。
 
 

 あとはアイリーンの玉と交換して貰った花束。
 これは持っているだけで、特にモーションがあったりしません。
 
 
おまけ
 

 アデールと戦うモニヤ。
 やはりアイリーンは戦っていませんねぇ……
 
 
 
 
 以上、あしながミレシアンイベントの顛末でした。
 次は、エリート影ミッションに初挑戦してみた話です。
 
 次回エリン小夜曲第80楽章、エリート影ミッション初挑戦 ~クラックガウを退治~
 
 ――エリンの歴史がまた1ページ
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2023 らむのゲーム日記