home > 投稿 > > 第50楽章 チェーンスキルを取得しよう その2 ~イスシとドルカ~

第50楽章 チェーンスキルを取得しよう その2 ~イスシとドルカ~

 
 チェーンスキル、使いやすいかも――(ラムリーザ談)
 
 
 10年ぶりマビノギのプレイ日記、7月18日のプレイ分の続きです。
 前回は、チェーンスキル取得クエストを進めていました。
 今回も、引き続き同スキルの取得クエストを進めていきます。
 
 前回プレイしたクエストから引き続き、「ミッシングリンク」というクエストが始まりました。
 先ほど響いた謎の声「言われた通りにするいい子だね」というのが気になっている模様です。
 
 ダンカンの話では、他にも適切なアドバイスをしてくれる人が居るので、その人たちを頼ってみればよいと言われました。
 アルビダンジョンで見かけた人たちに会ってみよう――マーリンとかかな――となりました。
 
 

 いつの間にか、ティルコネイルに英雄才能の3人が集まっていました。
 魔法のマーリン、歌のアリア、錬金術のプロフェッサーJですね。
 マーリンの雰囲気、絶対に脳筋近接戦士だと思うけどなぁ……w
 
 どうやらこの三人は、ここで研修旅行ピクニックをしている模様です。
 ピクニックをしていると言うのなら、フェスティバルフードぐらい広げてもらいたいけどね。
 マスターシェフは仲間に居ないのでしょうか。
 

 ここでアリアから、RPダンジョンで見たことは、過去に実際に起きた出来事だと聞かされました。
 そしてマーリンが言うには、ラムリーザからイスシの力を感じられると言うのです。
 
 イスシって何だろう?
 砂漠にあるオアシスの国ならイシスだけど……
 

 すると、会話中にまた別のメッセージが出てきました。
 誰が語り掛けているのか?
 前回ダンジョンから出た後に出てきた???が呟いているのかな?
 
 
 そして、今度は「古いタッセルチェーン飾り」をアルビダンジョンに捧げてRP開始となりました。
 

 ん? 魔族の血?
 前回の話で「漂う魔力が尋常ではない」と言われていましたが、それは魔族の血の成せる技だったのか?
 

 なんだか魔物の姿になってしまいました。
 名前もイスシに侵されたエアレンとなっています。
 しかも、アリアを倒そうなどと物騒なことを呟いております。
 

 戦うしかないので攻撃を仕掛けます。
 こういう場合、攻撃せずに待てば、イベントが始まって試練を乗り越えるってのがあったりするけどね。
 このゲームの場合は、クエスト失敗したらやり直しってなるので、深く考えずに動くことにします。
 アリアは漫画から逆輸入したと噂されるメロディーショックを使っていますな。
 

 さらに、駆けつけてきたマーリンとプロフェッサーJもやっつけてしまいます。
 それにしても、チェーンスキルは戦いやすいような気がします。
 近接武器扱いだけど遠距離まで攻撃が届く、だから相手からの反撃はほとんど食らわない。
 ひょっとしてこの武器との兼ね合いで、弓スキルは必中になったのかな?
 DEXをダメージソースとするなら、チェーンの方が戦いやすいかもしれないです。
 
 戦闘後、三人はエアレンがイスシに完全に取り込まれないようにする方法を探っています。
 一方のイスシは、トゥアリムの力が必要と呟いています。
 初めて出てくる固有名詞が多いので、こうして記録を付けることは大事なのですよね。
 これをやらないと、話が頭に入ってこなくて、後々わけがわからなくなるのです。
 
 
 以上でRPダンジョンは終わり。
 マーリンたちの所に戻って、詳しい話を聞きます。
 RPしていたのは、頭の上に名前が出ていたけどエアレンという者。
 内面にイスシという使い魔を創り出して強力な力を使っていたチェーンスラッシャー。
 内面に創る――イマジナリーフレンドみたいだね。
 
 そして幻聴が聞こえるのはイスシの声だと。
 これだけだと脳内会話ともとられてしまいますが、エアレンとイスシならともかく、ラムリーザにまで聞こえるから別物でしょう。
 内面に創り出した使い魔の声が他人にも聞こえる、サトラレかな?
 
 三人との会話中の選択肢で、イスシの声が聞こえたと答えてみたところ、気が合うかもという幻聴が。
 
 
 そんなところで、ミッシングリンクのクエストは終了しました。
 続けて「彼女が眠っている場所」が始まります。
 ペッカダンジョンのムーンゲート近くに行けという内容を見て、ペッカに行くのか――とげんなりしてしまいました。
 まだ早いでしょうに、少なくとも防護壁を入手してからペッカに行きたいものです。
 

 ペッカの近くのムーンゲート、ここは移動に時々利用させてもらっています。
 ダンジョン移動でペッカに飛び、すぐに外に出て近くのムーンゲートを使う。
 ここが一番移動が少なくて済むような気がするのですよね。
 
 マーリンたちの話では、先程のRPでの出来事以降、なんとかエアレンを落ち着かせたとのことでした。
 そして、ペッカに居るエアレンに直接あってみようといった話になりました。
 敵とのバトルが無ければ良いけどね……
 

 そしてペッカダンジョンです。
 10年前のプレイでは、防護壁と火力でのごり押しでなんとかクリアできましたが、今はまだ準備ができてませんよ。
 
 

 よかった、すぐにイベントに突入して、敵とのバトルは無いようです。
 
 マーリンたちと会って、奥へと進んでいくと――
 

 エアレンが封印されていました。
 これが、彼女の言う決意だったのか……
 
 言われるがままにクリスタルに触れると、エアレンが話しかけてきました。
 

 RPではなく、実際の対面となりましたとさ。
 何やらイスシの力を流し込んできたみたいで、ここは二人だけの空間となったようです。
 ここでイスシについての詳細を聞きました。
 
 イスシは相手から吸収する恐怖、闇、怒りなど様々な負の感情の集合体であるドルカをエサにして大きくなる使い魔。
 そしてその力を自分の物のように活用して強力な攻撃ができるのが、チェーンスキル。
 チェーンブレイドで攻撃するとドルカが溜まり、それを使ってスキル攻撃をするといった仕組みの様です。
 

 ここで実際に使ってみるチュートリアルが始まりますが、コマ撮りで見てみると、確かに何かを吸収しているようです。
 この敵、よく見たらペッカに出てくる敵ですが、気にしないでおきましょう。
 
 さらに、チェーンインペイルというスキルを学びました。
 

 射程は短いけど、その分威力は高いみたい、チャージ攻撃みたいなものかな。
 このスキルさえ覚えていたら、プレシーズンウィークリークエストで、チェーンスキルの項目を達成できます。
 これで、今回の目的は達成できたということになりました。
 
 エアレンに「私が封印されていた間に、ZERO英雄に新しく仲間入りした?」などと聞かれるぐらいの腕前です。
 さぁ、それにラムリーザは何と答えるか?
 
 
 長くなってきたので一旦切ります。
 
 
 
 以上、チェーンスキル取得クエストでした。
 次も、もう少しだけ引き続きチェーンスキル取得クエストを進めていきます。
 
 次回エリン小夜曲第51楽章、チェーンスキルを取得しよう その3 ~~
 
 ――エリンの歴史がまた1ページ
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2022 らむのゲーム日記