home > 投稿 > > 第45楽章 タルタラ今日のミッション ~残された闇、偵察兵救出~

第45楽章 タルタラ今日のミッション ~残された闇、偵察兵救出~

 
 できることなら毎日こなしたいが――(ラムリーザ談)
 
 
 10年ぶりマビノギのプレイ日記、7月15日のプレイ分です。
 前回は、再びブロニーの成長サポートで、交易や料理をして花火を見たりしました。
 今回は、今日のミッションというデイリークエストをやってみた話をします。
 
 
 10年前にも、デイリーミッションといったものは存在していたとうろ覚えです。
 それは今も続いていて、タルとタルティーンの今日のミッションをクリアしたら、APがボーナスで3ポイントもらえます。
 コツコツと貯めていけば多くのAP稼げるのですが、どうもサボりがちです(。-`ω´-)
 
 ま、ブロニークエスト進めたら、一つのストーリー進めるだけで500近いAPが手に入ってしまうから仕方がないです。
 それが終わった後は、こういったものをしっかりとこなしていく必要があるでしょう。
 
 さて、この日の今日のミッション、タルでは残された闇というものです。
 10年前に時々やっていたうろ覚え、確か影差す都市と逆のルートで進んでいった気がします。
 もにさんにとって初見となる最初のプレイだけ、記録に残して行こうかな。
 
 

 それではスタート!
 記憶通り、影差す都市のボスが出てくる場所からスタートでした。
 マップを確認して、北の入口の方を目指して進軍です。
 
 

 いきなり敵の背後を突くことに成功。
 防護壁で待ち構えている敵は、正面から攻めるとめんどくさいけど背後から攻めるとなんだか気の毒になってしまいます。
 

 もう一つのパターンとして、スイッチを押して開始する玉入れゲームです。
 敵を円の中に入れるよう退治しなければならないので、少しめんどくさいです。
 
 でも弓が必中になったおかげで、入れやすくなったりしています。
 敵を釣っておびき出して撃てば、簡単に入れることができるのです。
 これが昔の仕様だと、おびき出して撃っていたら10%の確率で外して死んでしまうという事故が発生していました……(。-`ω´-)
 

 あとは、普通に沸いていて、連続で沸いてくるので普通に倒すパターン。
 これはただ攻撃するだけなので、特に攻略法など無いでしょう。
 
 

 ラスボスはダークコマンダーだったかな?
 必中になったマグナムショットを連発して、相手の動きを完封してやっておしまい。
 

 弓と手裏剣で、相手を近寄せないまま戦っていましたとさ。
 
 
 このミッションは、今回高級でやってみてそれほど難しくなかったので、次にやるときはハードに挑戦しても良いかもね。
 
 
 
 続いてタルティーンのミッションです。
 二つ合わせてタルタラと勝手に読んでますが、こちらは偵察兵救出でした。
 

 三人の偵察兵を敵から守るのですが、エルフ兵士が撃たれ弱くてやられてしまって失敗することがあったと記憶します。
 適度に回復させながら、沸いた敵を殲滅していきましょう。
 

 とりあえずアーチャーを優先的に倒しておいた方が良いです。
 兵士が負傷したら、治療がめんどくさいので……
 あと、イベントで貰った火龍を育てるために、騎乗攻撃を仕掛けております。
 レベルをある程度上げておかないと、ペット探検隊に加われませんからね。
 

 自分で仕掛けたアイスマインに引っかかるの図……(。-`ω´-)
 
 振り落とされると、火龍が暴れて勝手に突っ込んでいって自滅するので厄介です。
 昔に低ライフエルフをやっていた時は、一発で振り落とされてそれだけでは死なないといった利点もありました。
 しかし今はライフが普通に1000を超えているので、なかなか死なないエルフとなっています。
 
 

 もにさんを狙っているアーチャー目がけて突撃していくの図。
 
 照準10%でも必中になったので、とりあえず撃って攻撃を阻止するといった戦法が取れるようになりました。
 援護射撃をやりやすくなった仕様変更だとつくづく思います。
 
 
 というわけで、3人の兵士が死なないよう5体ずつ沸く敵をひたすら退治し続けることで、このミッションはクリアです。
 特にイベントとか無ければ、毎日この今日のミッションだけをやっていっても良いかもしれません。
 何しろこれだけで3AP獲得できるのですから……
 
 
 以上、タルタラで行われる今日のミッションでした。
 次は、龍の主SEASON2イベントの顛末と、露店イベントの話です。
 
 次回エリン小夜曲第46楽章、龍の主SEASON2イベントの顛末、露店イベントの話
 
 ――エリンの歴史がまた1ページ
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2022 らむのゲーム日記