home > 投稿 > > 第42楽章 挑戦交易王イベント

第42楽章 挑戦交易王イベント

 
 やっぱり交易はおもしろくないです――(ラムリーザ談)
 
 
 10年ぶりマビノギのプレイ日記、7月6~12日のプレイ分です。
 前回は、再びブロニーの成長サポートで、浪漫農場の現状について話をしました。
 今回は、新しく始まったイベントの話をします。
 
 
 マビノギにはいろいろなコンテンツがあります。
 得意な物もあれば、苦手な物、様々な内容が用意されています。
 
 その中で、私が苦手とするものの一つが交易だったりします。
 
 まず、物を運んで移動するというのがいまいち面白くありません。
 そして勝手に物価が上下するのに慣れられません。
 そしてなによりも、目標にしたいものが途方もなさすぎて、辿りつけるのかどうかが不明過ぎてやる気が出ません。
 
 一応欲しいものはあるのですよ、ドラムセットですが。
 しかしそれは、500万ドゥカートというぼったくり過ぎアイテム。
 自分は一度の交易で、5000ドゥカートを稼げたら万歳程度のことしかできません。
 ――となると、そこに到達するために、最短で1000回の交易。
 
 ひ孫の世代へ 1日1回ペース……1000日
 孫の世代へ 1日2回ペース……500日
 息子世代へ 1日3回ペース……334日
 中年まで乙 1日4回ペース……250日
 若くはない 1日5回ペース……200日
 子供が青春時代 1日6回ペース……167日
 子供が反抗期 1日7回ペース……143日
 10回でもこれかよ1日10回ペース……100日
 
 1日で手に入れる人は……1日1000回ペース
 1ヶ月で手に入れる人は……1日34回ペース
 
 ん……
 まだ全然現実的か……(。-`ω´-)
 ドゥカート終身刑って程でもなかった(謎)
 
 ただし、エリン時間に換算すると、RT1日がエリンでは40日に該当するため、終身刑っぽくなりますが……w
 RT1日1個でET40000日となっちゃうよ。
 
 
 ま、そんなわけなのですが、エサに釣られてちょっくらやってみたりしました。
 私が欲しいと思ったものは、交易所信用度ポーションというもの。
 これは、交易をやらなくても信用度が上がると言う、またしても「連年いろいろと正規の手順を無視しているにも関わらず、その都度信用度が上昇する奇跡の人ラムリーザ」系アイテムです。
 交易をあまりやらないのに信用度を上げてどうするという言葉も聞こえるとか、聞こえないとか……
 でもまぁこういった機会にしか積極的にやることもないと思われるので、渡りに船みたいなものです。
 

 ふえぇ……、やっぱおもしろくないなぁ……(´・ω・`)
 他に交易をやっている人に追い抜かれるのが嫌というのはよく聞きますが、私は追い抜くのもなんだか悪い気がして嫌だという重症です。
 自分がされて嫌なことは相手にもやるな、精神です。
 誰も居ないチャンネルで黙々とやるのならば、なんとか耐えられるのですけどね……
 

 事故も発生するし、やってらんない(嘘)
 
 
 ベルファストを経由すると、放置時間を得られて少しでも割高で稼げるのでちょっとはやる気が出たのですが……
 
 
 そういうところに限って物価がどんどん下がっていくのだよなぁ……
 
 
 
 ちょっとでも楽だなと思った所には、みんなが殺到してきてしまう。
 それがこのコンテンツの面白くないところの一つだったりします。
 噂ではBOTが支配しているとも言われているわけで……
 
 
 それと、交易のポイントが100位以内なら、順位に応じた景品がもらえるということで、自分のできる範囲で動かしてみました。
 

 初日が終わった地点で、49位というランク内に入っている状態。
 これはこれで期待できる反面、やっぱり人が居ないのだなと実感できたりしました。
 例えばプリコネでは、自分のできる範囲でアリーナで戦ってみて、1000位前後をうろついていました。
 つまり、マビノギのプレイ人口は、プリコネの10%程度と言えるのかもしれません。
 
 

 翌日の朝、深夜組が終わったであろう時間にランキングを見てみたら88位でした。
 それでも100位以内に入ってしまうのね……
 
 そんなわけで、ぼちぼちプレイしていたわけですが……
 

 はっはっはっ、プリコネより人はかなり少ないけど、ランクインできないくらいには人が居るじゃないですか。
 こういう中途半端なプレイ人数が、一番困るような気がするのですが……(。-`ω´-)
 
 
 ん~、商品価値と収益が10倍から100倍ぐらいにヌルゲー化しないかなぁ……
 生産スキルの仕様をぶっ壊れるぐらいぬるくしたんなら、交易も同じぐらいぶっ壊してくれたらいいのに。
 BOTが暗躍するというのなら、交易でのG収入を0にしてドゥカートだけにしていいからさぁ。
 ほら、BOTがG稼ぎするから探検クエストからG収入消したのでしょ?
 交易もG収入消して、ドゥカートだけを倍支払いにしたら良いじゃないのよ。
 それかスキル印章みたいに、ドゥカートをばらまいてもいいのよ。
 
 
 まぁ生産スキル上げがぶっ壊れたのだから、いずれは交易稼ぎシステムもぶっ壊れそうですけどね。
 例えばどこからどこまで運んでも、最低1000ドゥカートの稼ぎは保証されているとか。
 ベルファストからタラまで運んだら、10万ドゥカートぐらいすぐ稼げられるとか、ね。
 
 
 それでも、せっかくアルパカ買ったのだから、気分的に無理のない範囲でやっていきましょう。
 
 

 それら交易とは別に、ダンバートンに現れたコマース・ジョーなるものが、イリアの交易路整備を依頼してきます。
 交易所を作りたいけど、略奪団が邪魔をしているので退治してほしいと。
 
 いくつかクエストあるようなので、できるところだけこなして行きましょう。
 

 カルー森の交易所は、次々に現れる略奪団を退治するだけの簡単なお仕事でした。
 敵が1対1でしか挑んでこないので、!!を出した敵だけ攻撃していたら問題ないです。
 
 

 オアシス交易所も、カルー森と場所が違うだけで内容は同じでした。


 逆にカリダ交易所は、あっという間に物資を略奪されて、2分も持たずに失敗w
 ひょっとして本来なら、パーティで挑むクエストなのだろうか……(。-`ω´-)
 
 

 ペラ交易所は、カルー森と同じ感じだったので、全然問題なし。
 敵の強さが同レベルだったり強いレベルだったりするので、サポートショットの訓練を兼ねたりしておりました。
 一流略奪団とかになるとHPが増えますが、そのおかげでサポショの訓練が捗ります。
 
 

 エランス渓谷も、一匹ずつ釣って退治するだけの簡単なお仕事。
 短時間で殲滅せよは苦手でも、時間かけてよいのなら必中の弓で全く問題ないです。
 
 

 そんなわけで、ルナイ渓谷もエランス渓谷と全く同じでした。
 射程外から1ダメージショットで釣り出して、後はサポートショットのトレーニングです。
 
 

 スイトゥー川は、物資を略奪されて終わったので割愛(。-`ω´-)
 まだまだ短期間に多くのダメージを与えることはできないようです。
 育て切ったファイアボールをぶち込むとかできれば、違ってくるのでしょうが……
 
 
 
 いろいろとめんどさいけど、とりあえず毎日の任務はこなしていくつもりです。
 クエストをこなせば、「交易所信用度ポーション」というものが手に入り、それを使うだけで7000も信用度が増加する便利アイテム。
 交易をしなくても信用度が上がるのなら、これは取っておくしかないでしょうと言うことです。
 交易やらないなら取らなくていいじゃんという声も聞こえますが、一日3回~4回までは我慢してプレイできるので、その数少ないなかでより効果を出せるためにという布石です。
 
 交易アップデートで稼ぎやすくなれば、またやる気も出るかもしれないのですけどね……
 でも私が予測するに、たぶん稼ぎやすくはならないと思います。
 交易って、自分が思うに「課金コンテンツ」だと認識しております。
 課金しないとまともに利益にならない部分もあるみたいです。
 だから、あまり期待せずに、最低限のことだけ地道に続けていけたら――と考えています。
 
 さすがに交易を効率的にやるためだけに万単位の課金は気が進まないなぁ……
 ま、ドゥカート終身刑精神で考えれば気楽だと思うことで。
 
 
 
 以上、新しいイベントである挑戦交易王でした。
 次は、イリア大陸の旅をしてみた話です。
 
 次回エリン小夜曲第43楽章、イリア大陸の旅 前編 ~コンヌース地域への旅、クルクレ地域への旅~ 
 
 ――エリンの歴史がまた1ページ
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2022 らむのゲーム日記