home > 投稿 > > 第13楽章 巨大クモ協奏曲 ~アルビ通常ダンジョン~

第13楽章 巨大クモ協奏曲 ~アルビ通常ダンジョン~

 
 懐かしい感じがした――(ラムリーザ談)
 
 
 10年ぶりマビノギのプレイ日記、2022年5月18日のプレイ分です。
 前回は、ここ数日の日常についての話をしました。
 今回は、もにさんダンジョンデビューの話をしてみましょう。
 
 
 5月18日、この日でプレイ開始してから丁度2週間になります。
 結構初期の方から、2週間たったらダンジョンデビューしてみようねと話をしていました。
 そんなわけで、今日はアルビ通常ダンジョンに行ってきました。
 
 ダンジョンにはいろいろ種類がありますが、このアルビ通常ダンジョンが、一番簡単なダンジョンだと記憶しています。
 まだ戦闘スキルをほとんど取っていませんが、ここならなんとかなるでしょう――たぶん。
 
 

 今更ドキドキはしない、アルビダンジョン。
 見習い冒険家と一流料理人のコンビ、果たして生きて帰れるでしょうか?
 

 ここでアイテムを落とせば通常ダンジョン、札みたいなのを落とせば、下級や上級ダンジョンに行けたと記憶します。
 また上級とかに行ったりできるようになるのかな……
 

 さあ、今回のプレイではダンジョンデビューですよ。
 ここで気が付いたけど、矢を50本ぐらいしか持っていません。
 途中で矢が尽きたらマズいな……
 
 ま、その時はつるはしで戦うさ(。-`ω´-)
 
 

 ぬ……、この感覚が懐かしい……
 エルフの足の速さで先行して、敵の沸く部屋で少し待ってたら、そのうちパートナーが入ってくる。
 これだけで10年前を思い出したりしていました。
 

 この感覚もヤバいのですが……(。-`ω´-)
 部屋の壁際に移動して、パートナーに箱を開けてもらうのを待つ瞬間……
 

 時は移り、パートナーは変われど、ダンジョンの攻略には何ら変わることは無い……
 
 

 多少戦い方は地味になっとりますが(^ω^)
 
 でもPSO2と比べて、まだこっちの方が戦いやすいですね。
 PSO2では多タゲ当然で、如何に回避しつつ攻撃するかといった忙しない行動を要求してきます。
 それがマビノギだと、基本的に1対1、むしろ1対1を崩さないというのが攻略のポイントです。
 そして、近接戦闘ならスキルの読み合いがありますが、弓攻撃だととりあえず撃っとけ作戦がある程度通用します。
 レンジアタックF、マグナムショットFでも、アルビ通常ダンジョンならなんとかなってますね。
 もにさんはなんだか相打ちになっとりますがw
 たぶんアタック同士のぶつかり合いをやっちゃったのだろうな。
 
 

 ここで仕様変更に一つ気が付きました。
 ダンジョンの鍵がアイテム扱いではなく、敵を退治したら自動的に手に入ってインベントリ外に表示されるようになったのですね。
 
 これは良い方向への改良だと思います。
 
 10年前は、インベントリがいっぱいで鍵が拾えないといったことがありました。
 それと、鍵を拾ったのを忘れていたり整理されていないインベントリに埋もれたりして、探しに戻ったりして、あ、拾っていたよごめん、などが発生したものです。
 
 でもこれだと、拾い忘れもインベントリ不足も気にしなくてよいですね。
 
 

 マグナムショットFランクでも、クリティカルヒットで白クモを一撃で仕留めました。
 鉱物採集と精錬をやっていたりして、既にDEXが200を超えているのだから、最初にしてはダメージが出ます。
 初めてプレイ開始した時は、器用なタイトルはかなり雲の上タイトルに感じたものですが、全くの1から初めて2週間で獲得。これもぬるくなった要因かな。
 
 

 これまた懐かしいなぁ……
 当たりを引けば戦闘を回避できますが、外れを引くと最大3回の戦闘を強いられます。
 
 どうでもいいけど、服の裾がヤバいなw
 
 

 もにさんとの同時攻撃が決まった瞬間。
 マグナムショットと通常攻撃の違いもあり、ダメージに差が出てます。
 
 ちなみに、釣りで入手したガーゴイルソードが強かったので、使い捨てのつもりで使ってもらってたのですが、耐久度1があっという間に削られてしまいました。
 それゆえに武器を失ったもにさんは、仕方なくつるはしで戦うことになっとります。
 人間キャラは、剣の二刀流をすれば、最初の方でもそこそこ戦えると思うのです。
 ま、お金に余裕ができるまでの辛抱です。
 
 

 ついにやってきましたボス部屋。
 記憶では、赤い巨大なクモが1匹と、赤クモがぞろぞろ居たと記憶します。
 

 あ、やっぱり――
 
 私はいざとなったら逃げ撃ちハイドでしのぐとして、もにさんはどう戦ったらよいものか……
 
 

 チキンな私は、入り口付近からマグナムショットの狙撃を狙っているのですが、勇猛果敢に突っ込むもにさんw
 ん、この辺りはマインクラフトで司令官の私と特攻隊のもにさんでやってきた名残ですか。
 多タゲにだけは気を付けて戦ってなー。
 

 早速多タゲくらっているしw
 こういったときに1匹を引きはがしてあげるのが、私の仕事です。
 かつて某ジャイアントと共闘した時は、3タゲ食らっているのを引きはがす作業に追われていたっけ(遠い目)
 

 ちなみにこれがPSO2だったら、この距離ぐらいでも巨大クモはこちらに反応して襲い掛かってくるのだよね……(。-`ω´-)
 これで赤クモは始末して、残るは巨大クモのみです。
 
 どうしたものかと思ったけど、とりあえずマグナムショット撃って逃げるかなw
 
 

 動画に残しておけば、コマ送りで撃った瞬間を撮影できます。
 撃って逃げる、敵は大きいので、確か入口の壁に引っかかったと記憶。
 もし通路まで襲い掛かってきたら――知らん(。-`ω´-)
 

 やっぱり射程距離の長いレザーロングボウの方がよかったかな……
 追われていると怖いですw
 

 のそのそと寄ってくるだけなので、もう一発マグナムショットを撃ち込めました。
 敵が突っ込んでこなければ、このまま撃ちつつげて勝てるかも?
 

 続けてもにさんがスマッシュ攻撃を撃ち込んだかな?
 これで敵のターゲットはもにさんに移行したと思うので、再び突撃です。
 

 後は倒れた敵を、二人掛かりでボコるだけで終わりました。
 案ずるよりも生むが易し?
 思ったよりもあっさりと敵ボスの退治ができましたとさ。
 
 
 報酬でエンチャントスクロールが出て、そう言えばエンチャントスキルもあったなと思い出しました。
 今だと魔法職の才能を選択したら、エンチャントも2倍で進むのかな?
 
 
 
 以上、私にとっては10年ぶり、もにさんにとってはダンジョンデビューでした。
 次は、方針を大きく変更した話をしましょう。

 次回エリン小夜曲第14楽章、いよいよ別ゲーム、マビノギ2だね ~ブロニーの成長サポート~
 
 ――エリンの歴史がまた1ページ
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2022 らむのゲーム日記