home > 投稿 > > 第七十五話 第五の封印

第七十五話 第五の封印

 
FOLKLORE JAM
 
第七十五話あらすじ
 突如、迷いの森に火が放たれ、襲い掛かってくる神那岐家御庭番衆。
 裕一たちは、森を抜け出して第五の封印へと急ぐ。
 そこは神凪の真ん中、私立松濤学園であった。
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 ほんと、総出演の隠しルートだね。
 今度は神那岐家御庭番衆まで登場してきたよ。
 リーダー格の般若の面が出てきていないのが気になる。まだ後に控えているってことだろうか?
 
 今回は、五番目の封印を探す話になりますが、出てきた地図が白紙状態でわかりにくいので、加工した地図を用意してみました。

 これまでの四つの封印は、神凪市の四方に散らばっていることがこうしてみると分かりやすいですね。
 ゲーム内でもこのマップを出してほしかったなぁ。
 
 そして維月の台詞、「4つのスポットの対角線」というのを当てはめると――

 まぁこういうことだろうね。
 対角線を灯台にしたら、少し右にずれてしまいますが、うまくできてるね。
 
 そんな感じで、五番目の封印の場所が分かり、いよいよ大詰めってところかな!
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記