home > 投稿 > > 第五十九話 脅迫メール再び!

第五十九話 脅迫メール再び!

 
FOLKLORE JAM
 
第五十九話あらすじ
 執行委員会宛に、脅迫犯からまたしても脅迫メールが届いていた。
 裕一は、再び居なくなった碧衣を探すために夜の街へと飛び出すが?
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 前回の疑惑が解明されます。
 水篠征四郎、碧衣の父は水篠家の婿養子となったようで、以前の名前は神村征四郎。
 これは古都のルートを先に見ているからわかることだけど、名前に「神」がついている者は神那岐家の家系の者ということになっています。
 やっぱりこのゲームは、一つの出来事が大きな流れの根底にあり、それぞれのヒロインのルートで少しずつ見せているみたいだね。
 
 ここまでにプレイしてきた感じだと、維月はわかんないけど、ひなた→古都→碧衣の順番でプレイしたら物語の全体が分かりやすいかもしれないね。
 この碧衣の話は、先に古都の話を見ていないと分かりにくいかもしれないかな。
 たぶん古都の話を知らないと、水篠征四郎は神村征四郎だった? ふ~ん、で終わると思う。先に古都の話で神那岐家の仕組みを知ってから見たほうが良いと思います。
 
 そこに再び脅迫メールが。神尾だろ、メールの差出人は、分からんけど。
 共通パートと同じように、碧衣を探すことになったというところですね。
 思ったけど、相変わらず探索パートは行き先を選択できるだけでゲーム性は無いね。結局全部回らないと、目的の場所はロックされていて進めないようになってますし。
 何も考えずに行ける場所を一つ一つ選択していく、というやり方で良いと思います。

 そんなところかな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記