home > 投稿 > > 第五十五話 裕一と碧衣

第五十五話 裕一と碧衣

 
FOLKLORE JAM
 
第五十五話あらすじ
 執行部室で勉強会をする裕一と碧衣。
 碧衣は飼っている猫を裕一に見せようと家に誘うが、そこに遥香先生が現れて邪魔をしてしまう。
 その一方でオカルト研究会では、金城氏殺害事件について調査することになっていた。
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 
 物語の土台は古都の時と同じ、金城氏殺害事件について調べるといった話です。
 また別の視点から、同じ事件を見ているといった感じになっていますね。
 
 ただし、今回などは物理の勉強の話が出てきます。
 勉強の話とか出てくるから、こういった学園物の物語はちょっと苦手な部分がありますね。
 もう何十年も前の話だから、今更時効も何も無いと言うことで言いますが、物理の試験、カンニクグペーパーを持ち込んで、100点満点中8点を取ったことがあります。
 そこまで意味不明の理論でしたね、物理は。公式とかカンニングしたところで、焼け石に水。どうにもなりませんでした。
 また、碧衣は「無駄な学問など無い」と言いますが、本当でしょうか?
 長い間社会人として生活をしてきましたが、古典や漢文が役に立ったことは一度もありませんでした。
 例えばこの古典や漢文、学問として勉強して博士になりたいとか言う人は良いとして、中学高校で習う必要ありますかね?
 大学に入ってから、専門課程で学びたい人だけ学べばよいジャンルだと思いますが。
 古典や漢文を学ぶよりも、簿記やワード・エクセルなどを中高生の授業に取り入れて学んだほうが、よっぽど社会に出てから役に立つと思うのですが、どうでしょう?
 
 また、極端な話をしますが、古典や漢文が全然できないから、医学部に受かりませんでしたとかいう例があったとしよう。
 これおかしくないですか?
 医者になって手術をしたり診断をしたりするのに、古典や漢文の知識が必要ですか? それができないから入学させないというのはおかしくないですか?
 医者に限らず、農学部に入って、農場を作ったり作物の品種改良やりたいです。なのに古典漢文ができないから入学できませんでした。
 こんな話、おかしいだろう?
 
 まあどうでもいいか、自分にはもう関係ない話だし。
 ただ今回、古典漢文を目の敵にしているのは、その科目が全然わからなくて留年しかけた経緯があるからです。あと微分・積分、これもアカンかった、留年しかけた。
 こんな嫌な記憶ばかり思い出してしまうようなイベントが出てくるので、学園物のストーリーはいまいち好きになれない自分が居ます。
 Ripple、ショコラ、パルフェはその点は全然気にならないので大丈夫ですね。この青空は――居残り追試とかのイベントが出てくるから、自分の過去の傷をつついてくる点が難点。
 
 そんなところかな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記