home > 投稿 > > 第五十話 五回も殺された男

第五十話 五回も殺された男

 
FOLKLORE JAM
 
第五十話あらすじ
 2003年8月11日19時、ひなたと御庭番衆の戦いは始まった。
 一方裕一は過去へとタイムスリップしていた。
 戦いを止めるために、そしてひなたを助けるために
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 いろいろとひなた物語での伏線回収回です。
 閃光弾とかどこで手に入れたのか? ずっと未来の裕一なのか? などと思っていたけど、普通に八年前の茂蔵爺さんの店にありました。なんだよこの便利屋の店はw
 一つ分かりにくいのが、「さっきの俺が払った金を見てみろ」で、そのお金でなぜ裕一を信じる気になったのか?
 何かしるしでも書いているのか、同じ番号とかかな?
 
 その後、つい先日の裕一を助けるシーンに繋がります。
「いざって時はやさしくしてやれ。俺は我慢できなかったけど」という台詞、知る前と知った後では全然感じが違いますね。
 そっか、「できれば真相は木乃内に伝えるな。できればの話だけど」というのも、まぁ変えられない未来? 過去? なんだろうね。
 一箇所年号の間違いがあるね、過去の場面なのに2003年になっている場所がある。そのせいで少し話がわからなくなったところがあるのが残念かな。
 
 ま、そんなところ。
 ひなたの爺さんから、最後に受け取ったもの。神応寺さんの爺さんから託されたもの、なんだろうね。
 なんかもう一発過去の話が出てきそうだな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記