home > 投稿 > > 第四十二話 しつこい不良達

第四十二話 しつこい不良達

 
FOLKLORE JAM
 
第四十二話あらすじ
 ひなたに襲い掛かる不良達、神凪ブラックゴッド。
 裕一は、ひなた一人で対応させないために、維月を巻き込もうと考える。
 そしてオカルト研究会夏休みスペシャル第二弾は、神凪ブラックゴッド壊滅作戦に決定した。
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 神崎海岸の灯台や洞窟の調査が終わり、ここからひなたの個別ルート開始となりました。
 古都の時と世界観がガラッと変わりましたね、サスペンスドラマが突然少年漫画的な展開です。
 ひなたにしつこく不良達がつきまとい、オカルト研究会vs神凪ブラックゴッドという図式になりそうです。
 あと、これは古都の話を先に見ているからわかるのですが、神凪ブラックゴッドは二年前に神林繁郎によって設立されたということですが、名前に神の文字が入っています。これもまた神那岐一族に関係があったりするのでしょうかね?
 
 それと、人物関係の一部がさらに語られます。
 古都のお爺さんの修平と、ひなたのお爺さんの建造は知り合いみたいです。
 あの二人を覚えているのはこの二人だけとか言ってますが、マヤとサヤの二人のことかな。古都と会話しているのはマヤの方だけで、ウサギを抱いた方はあまり出てこないけどね。
 それと裕一とひなたの過去についてもです。
 共通パートではトンネル調査の時にみた過去の幻影で、相手の顔は伏せたままだったけど、ここでやっぱり裕一とひなたは過去に会っていたことが発覚します。さらにひなたの所の道場で、裕一も稽古の相手をしてもらっていたらしいです。
 名前は「???」になっているけど、台詞に声が入っていないので、おそらく裕一だと思います。
 
 さて、疑問解消。
 高校にゲートボール部はあるのか?
 ――検索したら普通にあった。しかも全国高等学校ゲートボール選手権大会なで開催されているようで。
 へ~知らなかった、老人の趣味でしかないのかと思っていたよ。
 
 しっかし、神凪ブラックゴッドの不良達の間には、”八鋭衆”とか”裏四天王”とか”闇の貴公子”とかあるみたいです。
 なんか引継ぎに関しては俺も動いてくれそうな人が所属していそうな集団ですね。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記