home > 投稿 > > 第二十九話 地震に津波、これは災害?

第二十九話 地震に津波、これは災害?

 
FOLKLORE JAM
 
第二十九話あらすじ
 不思議な石の彫刻を取った後、突然地震が起きて津波が押し寄せてきた。
 その時、何故か裕一はいつもと違った雰囲気を見せて皆を救う。
 とにかくこうして、夏休み恒例の第一回オカ研夏合宿は終わった。
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 なんだろう、石の彫刻を動かしたときに出てきた霊的なものが、裕一に憑依したとでもいうのかな?
 なんだか急に裕一が、今起きていることを完全に把握している風になります。
 唐突に、4つのうちの3つまで開いた訳だし当然か、と裕一が考えております。絶対何かが憑依しているよ。
 この神凪街には、何者かを4つの何かで封印しているのですかね、FF5のエクスデスみたいな。
 しかし無事に助かってみると、裕一はいつもの感じに戻ってしまいます。憑依が解けたということかな。
 以上、こんなところで第一回夏休み合宿は終わり。
 しかし、二日後に第二回合宿を行うらしい。一日ずつ合宿せずにまとめて取れよ。
 というか、数日置きに裕一の部屋に泊まり込んでいるだけのような気がするねぇ。
  
 
 

 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記