home > 投稿 > > 第二十二話 脅迫犯の正体

第二十二話 脅迫犯の正体

 
FOLKLORE JAM
 
第二十二話あらすじ
 午前三時のクラッカーに対する反撃が始まった。
 脅迫犯のコンピューターを逆に乗っ取ってしまったようだ。
 維月はじわりじわりと、脅迫犯を追い詰めていく。
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 まず最初に、遥香と碧衣の言い争いに巻き込まれますが、まぁこれは茶番劇ということで置いといてよいでしょう。
 そしていよいよ午前三時のクラッカーと呼ばれている脅迫犯と対決です。
 イタズラ電話にイタズラで返す、斬新だなぁ。勧誘電話とかにイタズラで返したらどうなるでしょうかねぇ。以前暇だったから、三十分以上勧誘の会話を聞いてあげて、結局逃げたことありますけどね。
 それと、再び出てきたときは一瞬ビックリしたけど、人体模型の少女、わざわざ立ち絵を作ってあるからある程度は絡んでくるだろうなと思ってたところ、今回出てきましたな。グロく無いほうは見た目が割と好きだから、今後も登場してもらいたいものです。
 そしてついに犯人を追い詰めて、まずは犯行手順が解明されます。なんか維月、チート能力気味だな。まぁその方が話を大きく膨らませやすいか。
 で、次回、その動機が語られるでしょう。
   
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記