home > 投稿 > > 第十九話 悪戯メール

第十九話 悪戯メール

 
FOLKLORE JAM
 
第十九話あらすじ
 水神トンネルの件で、ひなたとの距離が近づいたような裕一。
 一方執行部では、悪戯メールについて対処を検討していた。
 碧衣はそのような嫌がらせは徹底無視と言い張るが、実はかなり気にしていたりする。 
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 これにて一旦水神トンネルの話は終わりかな。
 裕一とひなたの二人も、なんか打ち解けてきている感じでいいですね。
 ひなたは維月にぺこぺこしている裕一が気に入らないだけで、それなりにかっこいいところを見せればそれで問題ないのでしょう。
 古都が百瀬君から裕一君に変わったように、ひなたも百瀬先輩から裕先輩に変わったようです。さて、維月と碧衣はどう変わるのか? ってこの二人は年上だからな、変わらないかもしれないね。
 二つ目の門、東の門が開いたというところで、ひとまずおしまい。
 廃病院でははじまりの門、南の門が開いたって語られていたけど、これはいったい何でしょうかねぇ……
 
 次は場面が変わって執行部の話。
 少し前にちょろっとでてきた悪戯メール(?)についての話になっています。
 維月の嫌がらせか、マジ物の呪いのメールか、碧衣は前者だと言い張っていますけどね。
 ここでまた、状況がいまいち時系列がよく掴み難い物語構成になっとります。
 執行部でのメールの話、暗闇で誰かがパソコンを操っている場面、裕一が今回の出来事を碧衣に報告する場面。これは同時進行ということでいいのでしょうか?
 見返してみたけどやっぱりわからん。
 執行部の話は昼間の話で、暗がりでのパソコンは碧衣で、メールをむっちゃ気にして裕一と電話していて時間を潰せる雑談を求めていて、突然電話が切れたのは碧衣の所にコールが入ったから。
 こうかな?
 どうだろ、わからん、自信ない。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記