home > 投稿 > > 第十八話 ひなたの怖いもの

第十八話 ひなたの怖いもの

 
FOLKLORE JAM
 
第十八話あらすじ
 地震の影響で崩落したトンネル内で意識を失った裕一。
 その時、過去の映像が脳裏に浮かんだりする。
 ひなたの怖いもの、それは一体何だったのか? 
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 なんだかRippleにあった穂永圭衣の話を髣髴させる展開ですなぁ。
 裕一とひなたは、過去に一度会っていたんですかね? 裕一は思い出したみたいだけど、ひなたは覚えていないのかな、この展開だと。
 まぁそういうわけで、ひなたの怖いものが分かる話です。
 なんだか個別ルートに入ってからのストーリーみたいな流れですが、まだ中盤に入ったばかりぐらいかな? 古都よりひなたの話の方が、掘り下げ度が深いですね。
 今回の舞台のトンネルで、防空壕みたいなものが出てきますが、あまりそれには触れていないですね。あまり意味がないのかも。
 最後はトンネルの入り口を爆破して救出みたいな感じになりますが、維月は理系が得意というから、ニトログリセリンでも使いましたか?
 トリニトロトルエンだったっけ? 理科室で簡単に作れる爆薬があったような……、硝酸とか使ってとか、うろおぼえ。
 しかし地震とか爆破とかして、古いトンネル大丈夫か? ただでさえ崩落しかけているのに爆破などしたら完全に埋まってしまいそうだけどまあいいか。
 結局裕一は助かったのかどうかわからないまま、今回の話は終わり。
 ひなたもどちらかと言えば苦手なタイプだけど、うん、まあ今回の話を見た感じだと、悪くないんじゃないですかね。元々裕一が維月に弱気になっているから気に入らないと言われているだけで、今後評価を挽回できる機会はいくらでもあるでしょう。
 
 今回は、そのぐらいかな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記