home > 投稿 > > 第十七話 水神トンネルでの決闘

第十七話 水神トンネルでの決闘

 
FOLKLORE JAM
 
第十七話あらすじ
 旧水神トンネル内で調査を続ける裕一とひなた。
 そこへ何者かの襲撃があり、ひなたはトンファーを叩きつける。
 水神トンネル付近で発生した地震により、謎の襲撃者は立ち去るが――?
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 前回から引き続き、旧水神トンネル内で調査をする話です。
 一番奥になるのが、塞がれていた反対側の入り口付近になるわけで、そこでデジカメでの撮影になります。
 自分がデジカメを興味を持ったのが2007年ぐらいだったので、2003年ぐらいからあったのかなと思って調べてみたけど、90年代から普通にあるみたいですね。
 約10年前か、あの頃は元気だったな。デジカメ買っていろいろな観光地に出かけて写真を撮りまくっていたよ。私の人生がおかしくなりはじめたのは2009年頃からで……、まあこの話はいいか。
 しかし心霊写真って、デジカメの時代になってからはあまり聞かないですよね。やつぱりフィルムカメラのバグ(?)だったのですかね?
 ほんでもってトンネル内の撮影が終わった頃に、なぜかまた神凪ブラックゴッドが攻め込んできます。オカルトなのかアクションなのか、そういえば廃病院の時に、「幽霊とか呪いとかは迷信で、ほとんどのケースはこんなオチがつく」とか言ってたような気がするけど、全部こんな感じで行くのでしょうか?
 人体模型の話は最後までオカルトチックだったけどね。
 しかしなんなん神凪ブラックゴッドって、これが後々までに話に影響してくるのか? なんか厨二チックで雰囲気壊れるのだけどなぁ……
 それで、ひなたと神凪ブラックゴッドですが、台詞はあっさりとしているけど、絵はなんかかっこいい。トンファーは名前はFFのモンクとかが使っていたので知っていたけど、実際に使っている絵を見たのは初めてのような気がします。肘打ちみたいな感じで攻撃するのでしょうかね?
 その後に地震が発生しますが、それだけであっさりと立ち去る神凪ブラックゴッドもよくわからん。なんだろ、文章ではそいつらが足を踏み鳴らして揺らしていたみたいにも取れるけど、まあいいや。
 
 今回は、そのぐらいかな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記