home > 投稿 > > 第十話 七不思議の聞き込み調査

第十話 七不思議の聞き込み調査

 
FOLKLORE JAM
 
第十話あらすじ
 顧問を受け持ってくれそうな先生は見つからなかったが、維月にはなにやらアテはあるらしい。
 そこで、松濤学園七不思議の聞き込み調査を始めることになった。
 裕一は維月と学園内を回り、生徒や教師から話を聞いていく。
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 えーと、保険医の若色先生は、今のところは顧問にならないみたいです。パッケージ裏の説明でネタバレしていますが、どういった形で引き受けることになるのでしょうかね?
 なんだか維月は「アテがある」みたいなこと言っているけど、裕一が話したのとは別に裏で若色先生と維月が話でもしていたのでしょうか?
 古都が出てこなかったのは、微熱があったからのようです。元気になったらまた出てくるのかな、というわけで古都は、しばらくの間は出てこないみたい。なんかいちいち差し込んでくる執事とメイドがうっとうしくなってきたw
 
 さて、いよいよ次の話である、松濤学園七不思議の解明が始まります。
 なんだかアドベンチャーゲームっぽくなってきましたね。一応一つずつ回れば良いみたい。聞き込み相手が二人居れば二回回るみたいな感じ。
 今回は維月と回ったけど、ひなたや古都と回ればまた別の展開があるみたいなので、それは二週目以降のお楽しみということで。一週目は古都狙いだけど、居ないから仕方が無い。
 まぁ維月かひなたなら特に問題無さそう。古都と回ると、なんか大変な気がするw
 聞き込み場面は、推理アドベンチャーゲームみたいな感じ、ポートピア連続殺人事件しかプレイしたこと無いけど、あいな感じに場所を選んで聞き込みです。
 とりあえず教室から順に行ける所を右回りに回ってみたけど、順番とか関係してくるのかな? 二週目は回る順番を変えてみたりしてみようか。
 校舎の三階から飛び降りて平気だった用務員などが出てきますが、とくにこれと言った収穫は無さそう? まぁ最初だからだろうけど、これが何日か続くのかなと。
 といった感じで、ゲーム内だと二日目かな? が終わりです。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記