home > 投稿 > > 第九話 顧問の先生探し

第九話 顧問の先生探し

 
FOLKLORE JAM
 
第九話あらすじ
 古都が部活に出られなくなったことにより、部員数まで割れてしまったオカルト研究会。
 そこで、先に顧問を決めるという問題を片付けることにした。
 メンバーそれぞれが、引き受けてくれそうな先生を担当するが、裕一の相手は保険医の若色遙香であった。
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 相変わらずコロコロと場面転換が続きますね。ちょっとこれは個人的に、話を把握しづらい表現だと感じております。
 さて、古都が学園長から部活動禁止令を出されたことにより、部員数まで規定の人数を割ってしまいます。
 そういうわけで、まずは顧問の問題を解決しようと探し始めるのがオカルト研究部のパート。
 それと入れ替わりになるように交互に入り込むのが、執行委員の話ですが、これ必要かなぁ?
 なんか呪いのメールみたいなのが入ってきて、理解するためにじっくり読んだわけですが、これはガチか? 維月辺りの嫌がらせか?
 確かにメールの内容は気味が悪いですが、「い、いやああぁぁぁぁ!」となるようなそこまでの内容でもないような……
 
 それで、顧問の先生になってくれそうな人を当たっていくわけですが、裕一は保険医の若色遙香担当。
 やっぱりこの絵はエロいなw
 あのね、ショコラとかの絵は可愛いとは思うけどエロいとは思わなかった。でもこっちのゲームの絵はやっぱりエロい、なんなんだろうねw
 七不思議の一つ、休むと衰弱する保健室だということですが、まぁそういうことでしょうね。
 でも現実はこんな保険医居ないから、たいていはおばさんだからね!
 なんなんだろう、同級生というゲームに出てくる保険医の斎藤真子からそんな感じですね。
 しかしここのところのパートも場面転換が続き、なんだか時系列もよくわかんなくなってしまってます。
 裕一と香が保健室で会話しているシーンと、部室で若色先生担当と命じられているシーンを並べられてもわかんない。ここは先に担当させるシーンを全部やってから、保健室のシーンに移っても良いような気もしますが、どうなのでしょうね?
 とりあえずこの表現は、わかりにくいです。
 
 ま、そんな感じですね。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記