home > 投稿 > > 第七話 執行委員会の碧衣

第七話 執行委員会の碧衣

 
FOLKLORE JAM
 
第七話あらすじ
 松濤学園の実質的支配者として名高い、執行委員会会長、水篠碧衣。
 その会長は、どうやら部長の維月と一戦交える所存のようらしい。
 そんなこととは知らずに、オカルト研究部の次の目標は、学園の七不思議の解明に決定した。
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 学園の七不思議、ありがちな内容ばかりだったけど、どうやら次はこの七不思議の解明を行うらしい。何も起きないと思うけどねぇ。
 それとは別に、ここでようやく四人目の攻略対象が登場してきました。執行委員会会長の水篠碧衣。みずしのあおい、名前の読み方も記録しておきます。
 生徒会みたいなものかな? やたら権限が強いとか言っていますが、こういった学園物のゲームやアニメでは定番だとよく聞きます。
 会長で、しかも主人公のことをお気に入りと言えば、この青空に約束の会長ですが、それは置いといて、裕一は次から次へと弱気になってしまう女性とばかり縁がありますなぁ。
 なんか唐突に、裕一は執行委員会にも属しているとか設定が出てきますが、会長と部下ならそんなものか。ってかそんなのばかりだ。
 この碧衣は眼鏡で真面目系ですかね。
 でもどっち道、裕一の接し方が維月に対するものと被るのが、ちょっと残念かも。というより、裕一はそういうキャラだと認識させられて良いのかな。
 ちょっと前まで、元ヤンキーの主人公を見ていたので、少し気持ちの切り替えに時間がかかっとります。
 
 しかし、その執行委員の部屋で、前回のパートで出てきたテレビ中継を見ているっぽいのですが、どこかで謎の声「ひーらいたひーらいた」とか出てきて「?」となる展開かなと思ったのですが、全然出てこなかったのが意外というか予想が外れたかな。
 結局あのウサギを抱いた娘は何なんだ? てっきり心霊録音みたいになっていると思ったのだけどなぁ。
 
 次回、なんか部長と会長が激突しそうです。
 そういえば、維月も執行委員のことを目の敵にしていたみたいでしたな。
 とりあえず今回の主人公は、巻き込まれ系ですか。流されてばかりだなぁ、とは思います。
 
 ま、そんな感じですね。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記