home > 投稿 > > 第一話 オカルト研究会へようこそ

第一話 オカルト研究会へようこそ

 
FOLKLORE JAM
 
第一話あらすじ
 百瀬裕一は、八乙女維月にオカルト研究会に誘われたけど乗り気じゃない模様。
 しかし残念ながら維月から逃げ出すことはできなさそう。
 クラスメイトの神応寺古都に連れられて、部室に向かうのであった。
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 丸戸史明さんがシナリオを書いたゲーム第三弾、というわけでFOLKLORE JAM(フォークロアジャム)ですが、まずタイトルの意味がわかんない。
 調べてみたところ、民間伝承(FOLKLORE)、愉快なもの(JAM)で、愉快な民間伝承ということでよいでしょうか?
 とりあえずゲームが始まってしばらくは、場面の切り替わりが連発して何がなんだか分かりませんでした。
 廃病院でいっちゃんが語っている場面と、主人公である百瀬裕一が何か維月に監視されながら移動している場面、いつきや古都の部活動での場面が転々と切り替わって、後で見返してみないとわかりにくかったです。さらに、何故学校に執事やメイドが居るのかわからん。
 
 落ち着いて見直してみて、百瀬裕一が八乙女維月に手紙でオカルト研究会に誘われたけど逃げ出そうとしている。でも手紙に仕込まれた発信機によって居場所がばれて捕まるって流れか。
 ちとプレイヤーの理解力が落ちているので、こうして見直してプレイ日記で纏めてみてようやく理解できた。まぁこのために解説したゲームプレイ日記ブログなのですけどねw
 なぜここまで維月は裕一に固執しているのか、今の地点ではわからないけど、なんかこの人には逆らえないような気がする。パッケージ裏の人物紹介では、オカルト研究会の部長ってなっているので、維月がボスなんだろうな。
 裕一はあまり乗り気じゃなさそうですが、維月にオカルト研究会へ誘われたところで前半終了。
 
 後半部分から、ようやく現在の時間の流れになっているみたいですね。
 廃病院や研究会に誘われる話はちょっと前の出来事らしく、裕一は過去と現在が入り混じった夢を授業中に見ていたようです。ってことは、廃病院は過去か。いっちゃんが維月で、ゆ~いちが裕一か。分かりにくかった。
 しかしどうもこのゲーム、ヒロイン登場シーンは必ずパンツ見せるんですかねw まぁいいけどw
 なんか維月の手先みたいな感じになっているのが神応寺古都。前半の場面で部活に入るとか言ってた時は、なんかのんびりした口調でショコラの真子さんを髣髴させるような感じでしたが、今回はこの娘が推しメンになるのかなぁ? おっぱいでかいし髪の毛緑だし、ツボを突いてくるじゃないですか、こほん(。-`ω´-)
 ってか、古都を学校内で執事やメイドが見張っているのか、人物紹介ではお嬢様ってなっているけど、そこまで入り込んできてええんか?
 とまあそんな感じで、今回は古都に連れられてオカルト研究会の部室に行くぞーってところまでですね。
 
 
 
 目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記