home > 投稿 > > 第31回 本隊編5 新日本プロレス旗揚げ記念日興行の巻

第31回 本隊編5 新日本プロレス旗揚げ記念日興行の巻

 
 ファイプロワールド、ファイティングロードのプレイ日記の続きです。
 前回はANNIVERSARY TOGI MAKABEの試合で、またしてもCHAOS軍と6人タッグの試合をして、真壁さんの20周年記念し合いを勝利で飾りました。
 トレーニングでは、各種耐久力を上げつつ、対ラフ攻撃、総合系防御を鍛えつつ、特殊スキルを狙っていきます。
 さて、次は何が起きるかな?
 
 
 今日は、新日本プロレス旗揚げ記念日興行の日のようです。
 

 1972年の3月6日に誕生した団体ということですが、ラムリーザくんはともかく、プレイヤーの私も生まれていませんねー。
 
 ――だよなって棚橋さんが久々に出てきましたが、確か棚橋さんは私と同い年だったので、彼も生まれてないはずです。
 その彼が言うに、凱旋帰国してから一気にスターダムにのし上がった選手はたくさんいるとのことだそうです。
 ラムリーザくんは、SHOさん、YOHさん、ヒロムさん、EVILさん、内藤さんなどと言ってますが、みんな知らないよw
 いや、内藤さんは物語にでてきていたかな、確か口が不自然に斜めにつり上がっていた……
 
 

 とまぁ、棚橋さんと組むことになりましたが、またCHAOSの同じメンバーと8人タッグですか……(。-`ω´-)
 そろそろたまには負けておくか? パートナーの誰かに敗戦押し付けてw
 でもやはり棚橋さんも本隊だったのね、なんだか安心しています。
 あの雰囲気で実はヒール軍団でしたとなると、ん~、リング下では紳士ってのもあるし、まあいいか。
 確かマイケル・エルガンは凱旋マッチの相手でしたね。KUSHIDAは知らないなぁ……
 
 
 さて試合ですが、今回は新しいパフォーマンスを用意してきました。
 

 エクソシストという映画のスパイダーウォークを再現してみたけど、どうかなぁ?
 以前紹介した首が180度回るのと違って、こちらの方は実際に再現できる人はできるのではないでしょうか。
 そんなわけで、ロマン技じゃなくて実現も可能だというパフォーマンスということで。
 実用的なパフォーマンスとは言えませんが、悪魔レスラーというギミックで登場するレスラーなら、首が180度回ったり、スパイダーウォークできたり、仰向けに寝たまま宙に浮いたりできなければなりませんね。
 ――あ、次は宙に浮くパフォーマンスでも作るかな? かなり手抜きになるけどw
 
 
 
 この技は、ワークショップに登録してあるので、使ってみたいと思った方は、以下のリンク先に行って拾ってみてください。
 
スパイダーウォーク(外部サイト、Steamワークショップに飛びます)

 
 
 
 そして、この試合ではまたしても事故が発生してしまいました。
 

 外道からたぶん石井にスイッチした際、ツーアプラトンを食らうのを避けて分断した後、外道の方に思わず必殺技のハイアングルアイアンクローを仕掛けたところ、どうやら顔面を握りつぶしてしまったようです。
 試合の主導権を持っていない外道をK.O.してしまいました。
 あれだね、三沢川田vsゴディウィリアムスで、三沢がゴディから場外でパワーボム食らって失神したみたいな感じだね。
 試合時間が長くなると、体力の少ない状態で長く戦うこととなります。そうなると、必殺技クリティカルも発生しやすくなってしまうというものです。
 

 そんなわけで、CHAOS軍はチームリーダーがK.O.してしまったので、今回も勝たせてもらいました。
 今回は負けるつもりで、自分からは絶対に決めに行かず、マイケルかKUSHIDAのどちらかが負ければいいかなと考えていました。
 勝つなら棚橋さんが勝てばいいということで、「愛してま~す」も聞けたことだし良しとしましょう。
 
 

 試合評価は82%、8人タッグとしては頑張った方かな。
 それに、調べてみた所テキサスクローバーホールドは棚橋さんの決め技でもあるらしいので、丁度良い終わり方をしたということでしょう。
 そろそろこの8人タッグも卒業したいところですが、若手はこういう試合にしか出られないということなのでしょう。
 せめて6人タッグがいいなぁ……
 
 

 ――などと思っているようですが、ラムリーザくんあなた事故ったからねw
 フィニッシュ辺りの連携は、確かに決まっているようにも見えますが。
 
 ――と、何やら永田さんが報道陣に囲まれて険しい表情をしています。
 やばい、事故の多いラムリーザくんを槍玉にあげているのでしょうか?
 

 一瞬びっくりした、先日の試合で負傷したなどと言うので、デッドリースルーでK.O.した件かなと思ったけど、よく考えたらその相手は今日も出ていた。
 そして本間さんといえば、暑苦しくて何言っているか分かんない人じゃないですか。
 なんだか知らないところでなんだかえらいことになっているようですが……
 
 ラムリーザくんの知らない沖縄大会での負傷とのことですが、ちょっと気になったのでWikiで検索です。
 この大会の3日前に負傷したようですが、一年後に復帰できているので一安心です。三沢さんみたいになってなくてよかった……(。-`ω´-)
 でも物語の中では2017年当時なので、先のこともわかることなくラムリーザくん、心配しています。
 

 はいごめんなさいw
 こういう先輩が居てくれると助かりますよね。
 最初は悪者にしか見えず、この人が本隊? などと思っていましたが、今では馴染んできています。
 ラムリーザくん泣いてるしw
 真壁さんも言っているように、コケシが戻ってくるまでリングを守ればいいとのことです。
 棚橋さんも本隊だから、メンバー的にもまだまだ余裕はあります。
 

 ――だよなぁ。
 ラムリーザくん、先輩に恵まれているぞな、もし。
 
 
 というところでトレーニングモードに入ったので、今回はここまでです。
 
 
 
 トレーニングでは、前回に引き続き現在耐久度をそれぞれ高い状態に持っていきつつ、対ラフ攻撃、総合系防御を高めていっているところです。
 同じように首からということで、五回のトレーニング中ブリッジを三回やって、残りは対ラフ攻撃、総合系防御を一回ずつ選んでいきましょう。
 ブリッジを3回行い、首耐久度がMAXに、投げ技が6→7になり、投げ技防御が6→7、対ラリアットが7→8になりました。
 これでスタン・ハンセンも、ある程度怖くなくなったかな。
 
 次に対ラフ攻撃ですが、演技指導を行っている最中です。
 特殊スキル獲得まであと365、1回に35入るから、あと11回。先は長いな……
 最後に総合系防御ですが、寝技練習で関節技防御が5→6に、絞め技防御が6→7になりました。
 そういえば関節技も絞め技も鈴木みのるはヤバいので、丁度良いトレーニングになっていることでしょう。
 
 
 では今回はここまで、シナリオ達成率は10.1%になりました。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2022 らむのゲーム日記