home > 投稿 > > 第12回 ヤングライオン編4 ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンとしての戦いの巻

第12回 ヤングライオン編4 ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンとしての戦いの巻

 
 ファイプロワールド、ファイティングロードのプレイ日記の続きです。
 前回は外道さんと組んで、CHAOSとして中西、岡組と対戦しました。
 ずいぶんとマヌケな負け方をしたものですが、評価が基準を超えていたのでOKです。
 トレーニングでは、続けて精神力を普通にするのを目指している所で、今回上がるかな。
 今のラムリーザくんの課題は、色々なチームの試合を経験してもらうということです。
 今回は、どのチームと組んで、どのチームと戦うのでしょうか?
 
 

――などと思っていたら、突然舞台がファミレスになりました。
 てっきり汗臭いジムや、会場、控室だけが舞台になる物だと思っていたけど、こんなカジュアルな場所も出てくるのですね。
 
 さて、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンですか、以前出てきたような……過去記事を確認。
 ああ、練習生になった直後に出てきた内藤さんの紹介だったか。
 どんな感じだったっけ、覚えてないw
 いや、ごめんね。21世紀のプロレスしらないので……
 
 中に入ると、SANADAさんだけ無言のまま席についていたなどと言ってますが、SANADA……知らない。
 困ったね、21世紀のプロレスを知らないと、ほんと知らない人が半分以上出てきますよ。
 ここまでの流れを見て考えるに、永田さん世代が一番偉い感じだから、それ以上の世代は出てきそうにないからね。
 

 うん、初顔です。
 ROOKIESという漫画に出てきた、俊足の関川みたい――としか言えません。
 終始無言で、レスラー紹介の時にも何も言わなかったのが気になる。
 というか、バックにロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの文字が書かれていますが、明らかに怪奇系だー。
 そういうユニットなのですね、ジ・アンダーテイカーみたいなのが居る感じかな?
 
 怪奇系かぁ……
 インディーのイメージだよね。
 自分が見てきた中だと、みちのくプロレスにダミアンとか居た記憶あるけど、ああいうのを言うのだろうし。
 
 そしてこの紹介で判明、L・I・Jってロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの略語だったのね。
 
「あ、あのぅ……、SANADAさん?」
 
 しゃべってくれませんねー。
 たぶん「チェックメイト」としかしゃべってくれないような気がする。
 今度呼ばれたら、二杯のコーヒーを贈呈してあげよう。
 
 沈黙提督はジェスチャーで指示を出してきましたが、この人は視線だけで指示を出してきます。しかも無表情。
 目だけを動かして――わかんねーよヽ(`Д´)ノ
 話が進まない……
 
 でも斬新なタイプだよね。
 私の知っているプロレスでは、こんなキャラは居なかったと思う。
 エヴァンゲリオンの綾波がヒットしたので、そういったキャラをレスラーのギミックに持ち込んだのかな?
 ちなみに私は無口タイプは苦手です! 穂永圭衣とか、秋島香奈子とか(誰?)
 

 まぁそうなるわなぁ。
 アニメやギャルゲーの世界では成り立つけど、現実に居たら扱いに困るで、たぶん。
 
「あの……、きょ、今日はどういったご用件で……?」
(目だけ動く)
 
 だからわかんねーよ!ヽ(`Д´)ノ
 私は沈黙提督の副官ほど優秀ではないので!
 
 妖魔夜行に出てきた墨沢文子さんみたいに、メールで会話したらいいのかな?
 例えが分かりにくい?
 うるりらじいさんみたいに、電話で話せばいいのかな?
 
 あ、内藤さん出てきた、話が進みそうだ。
 そして出てきて顔見たら思い出した。
 でもみんな髪染めているから、個性が分かりにくいのよね。
 80年代とかだったら、上田馬之助が金髪に染めていて目立っていたけど、この21世紀では、ほぼみんながブロンド・アウトローズだからなぁ……
 どうせなら赤や青に染めたらいいのにw
 ラムリーザくん、緑色の髪しているしw
 
「内藤さん! お疲れっす!」
 
 内藤さんも沈黙はやめてね。
 あ、しゃべってくれたけど――
 

 実際の会話でこんなポーズされたことないよ。
 ん~、カメラの前でのアピールならいいけど、ファミレスでこんな風に話しかけられているのを見たら「えっ?」てなるよ。
 
 いやどうなんだろ、21世紀の若者は、こんなんかな?
 
 内藤さんに「SANADAとは楽しい時間過ごせたかい?」などと聞かれますが、ラムリーザくんどう答えるのでしょう?
 見ていた感じだと、全然楽しくなくてむしろ疲れたけど……
 いや、綾波レイとかああいうのがタイプの人だと、お互い沈黙したまま向かい合っているだけで盛り上がるのかもしれないけど、私にはそんな高等技はありません。
 
 あ、ラムリーザくん、SANADAさんに気を使ってか、「はい」と答えた。
 まぁ後輩としてはそう答えるしかないわなぁ。
 SANADAさんは内藤さんに対しても無言で頷いています。確かリーダーは内藤さんの方だったよね?
 

 えーん、なんだか空気が微妙だよー。
 
 というか内藤さん、口どうやってんの?
 ちょっと気になって手鏡の前で試してみたけど、そんなに奇麗に真っすぐに、口をナナメにできませんよ。
 

 えー、SANADAさんと組むの? やだー。
 内藤さんと組みたい。
 いや、前述したとおり、私には沈黙提督の副官できるぐらいの空気は読めませんよ。コーヒー二杯出しますよ!
 
 しかしどうやらこのL・I・Jと新人を組ませる会社の考え方が気に入らないそうです。
 でも物は考えようですよ、負け役を引き受けてくれますよ。
 しかしチームに泥を塗るような試合をしたら潰すそうです。
 タッグマッチの評価基準がわかんないのよー、どうすれば高評価に繋がるのよー。
 
 

 ――で、試合になったけど、相手はまた真壁さんだ。
 そして北村――誰だ!
 真弓、北村、バース、掛布、岡田か?!
 

 ――と思ったら、なんだか暑苦しそうな人が出てきたよ。
 黒髪なのが逆に好感、この人ベビーフェイスだよ絶対。
 でも真壁さんって確かキングコングでしょ?
 どうもチームのイメージを掴みにくいなぁ……
 
 この北村さん、レスリングモンスターと聞くとアニマル浜口みたいなのをイメージするけど、ああいった感じで良いのかな?
 見ていて暑苦しいし……w
 ってかこの人もヤングライオンですか。
 ちょっと頭の中で復習。川人さん、丘さん、北村さん。ん、なんとか顔と名前が一致している。
 真面目っぽいのが川人さん、強面が丘さん、暑苦しいのが北村さん、と。
 たぶんヤングライオンの面々と絡むことが多くなりそうなので、この辺りはしっかりと覚えていきたいですね。
 
 北村さん、正面から見たら首太っ。
 ホーク・ウォリアーみたいだよ。
 

 というわけで、試合開始です。
 北村さん、上半身の筋肉ヤバいでしょう?
 ミッションは、様々な反則を中心としたラフ攻撃を使いながら、試合評価を70%以上にしろです。
 70%、この地点で結構厳しいなぁ……
 

 まずは、新たにクラフトした技から見ていきます。
 力比べをブリッジで耐えて、それを潰そうとする動きがありますよね? それを作ってみました。
 実際にはここまで派手に動かないでしょうが、悪魔将軍vsキン肉マンのワンシーンでもあった動きです。
 威力はヘッドロックぐらいにして、中技の締めで繋ぎ技です。
 椅子が転がっているのは、凶器攻撃しろということで、エプロン下から拾ってきたものです。
 
 そしてこの痛めつけ技は「ブリッジ崩し」で、技クラフトで作った技です。
 中技として設定された、繋ぎ技となっています。
 
 この技は、ワークショップに登録してあるので、使ってみたいと思った方は、以下のリンク先に行って拾ってみてください。
 
ブリッジ崩し(外部サイト、Steamワークショップに飛びます)

 

 蛍光灯とか持ち出して、インディー団体の邪道ですか?
 椅子以外にも、鎌とか取り出すのが困りもの。
 新日本プロレスなら、取り出すのは椅子のみにした方がよいですかねぇ?
 

 フィニッシュは、真壁さんがSANADAさんに攻撃を仕掛けたところに、後ろから卑怯攻撃を仕掛けて、そのまま勝ってしまった感じでした。
 悪者らしい勝ち方はできましたが、さて試合評価はどうでしょうか?
 凶器攻撃しまくったよ、蛍光灯とか持ち出して。
 

 全然ダメじゃん!Σ(・ω・ノ)ノ!
 59%、これまでで一番ひどい試合でした。
 どうなのだろう? 場外から凶器を持ち出すのって、評価低いのでしょうか?
 確かに蛍光灯とか鎌とか、新日本プロレスにはそぐわない気もせんでもないですが……
 
 ミッション失敗してしまいましたが、仕方がない、そのまま先に進めましょう。
 やり直したからって言って、評価を上げる方法が分からないから次やって高評価取れる自信ありませんし。
 どうなのでしょう……、評価の取り方を調べた方が良いのでしょうか?
 
 さてどうなるか、怒られるかなぁ……(。-`ω´-)
 ラムリーザくんの立ち回りはどうだっだろう。
 恐る恐るSANADAさんのほうを見る……
 

 あ、やっぱり印象悪そう……
 でも勝ったのはあなたですよ――というより、ひょっとしてその直前の卑怯な攻撃がダメだった?
 悪役って、卑怯な攻撃してこそ悪役でしょうに。
 
 ヤヴァイ……、内藤さんに潰されるw
 

 あ、マジで? そのぐらいなの?
 てっきり課題評価下回っていたから怒られると思ったのに。
 そしてなにやら内藤さんは、今の体制に不満があるようです。
 独立ルートとが派生するのでしょうかね?
 それと、助言をしてくれると言うから、評価の上げ方を言ってくれるのかと思ったけど、「自分の殻をぶち壊さないとダメってこと」だそうです。
 
 …………(。-`ω´-)
 
「もう少し具体的に言ってください、あまりにも抽象的すぎる……」
 
 さらに焦るなよと言ってくれましたが、トランキーロは意味不明です。
 まずは70%の評価が取れるように、いろいろと工夫してみましょうか。
 受けが足りないのかなぁ……
 
 
 そしてトレーニングモードです。
 なんだか流れが読めてきたし、ワンパターンっぽく感じるようになってきたね。
 話して、試合して、トレーニングして、その繰り返しです。
 ここはやはり、毎回技クラフトで技を作って、それの披露場所にしないとネタがワンパターンになりそう。
 
 さて、予定通り精神力を普通にします。
 座禅滝行を二回、サーキットトレーニングを一回で通常の精神力と流血回復力は普通になりました。
 あとは流血精神力だけど、もう座禅滝行はいいなぁ……
 医学講習(流血回復、流血呼吸、流血精神+20、関節技防御+15)でも受けて、呼吸法を普通に持ち込む準備をしますか。
 以上、回復力と精神力は、通常流血共に普通になりました。
 次は、首とか腰などの耐久度を普通にしましょうか。
 

 パラメータはこんな具合です。
 医学講習で関節技防御が3に上がりました。

 では今回はここまで、シナリオ達成率は3.8%になりました。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記