home > 投稿 > > 第4回 オーディション編3 オーディション・トーナメント決勝戦の巻

第4回 オーディション編3 オーディション・トーナメント決勝戦の巻

 
 ファイプロワールド、ファイティングロードのプレイ日記の続きです。
 前回はオーディション・トーナメントが始まり、一回戦を勝ち進むところまで進めました。
 丁度セーブできたので、一旦切って、その続きからです。
 
 さぁ、いよいよオーディションのトーナメントの決勝戦です。
 相手は柿崎義男、投げ技や腕力がちょっと強くなったラムリーザくん、どう戦うか?!
 


 唐突に動画で、ラムリーザくんがおもむろに見せる、謎の技。
 これは「自らを断つ」という技で、技クラフトで自作した技です。
 元ネタは闘神伝2というプレステのゲームで、ショウという隠しキャラが使う技です。自分の腹に剣を突き刺すけど、なぜか敵に ダメージが行くという謎の技です。
 ファイプロで再現してみたけど、刺した瞬間相手がどこに居てもダメージが入って倒れるという、ちょっとばかしチートっぽい技  ですw
 この技は、ワークショップに登録してあるので、使ってみたいと思った方は、以下のリンク先かに行って拾ってみてください。
 
自らを断つ(外部サイト、Steamワークショップに飛びます)
 

 一応「塩」回避のため、しっかり相手の技も受けます。
 ポストからの距離が微妙だけど、ミサイルキックを食らいます。
 飛び技は見ている分にはすごいなと思うけど、自分が使おうとは思わない技ですね。
 自分が使う飛び技は、ジャイアントプレスでいいよもうw
 

 技クラフトで作った、ダブルニーはめですw
 実際にハメられたら、KOするまで続いちゃうのですけどねー。
 この技は、ワークショップに登録してあるので、使ってみたいと思った方は、以下のリンク先かに行って拾ってみてください。
 
ダブルニーはめ(外部サイト、Steamワークショップに飛びます)
 

 とどめは、必殺技設定のバックドロップホールドです。
 でもジャンボ鶴田って、バックドロップホールドで決めた試合の記憶がない。
 基本的に、バックドロップ→フォールだよね。
 いずれはアイアンクローで仕留められるようにエディットしたいものです。
 
 さて、今回の評価は?!
 

 やったね、84%まで上がったよ。
 あまり同じ技を連発しないようにしたのと、試合時間を少し長めに。
 そして一回戦の時よりも、より多くの技を受けたつもりです。
 でもやっぱりその辺りのさじ加減がわかんないなぁ……
 
 ところで、オーディションはガチなのかな?
 オーディションまでブックがあるとは思えないし、どうなんだろう?
 ひょっとしたらこれはラムリーザくんの勝ちブックということで良かったのかなw
 
「おりゃあああああ! 優勝だ! どんなもんじゃーーーい!」
 
 ――などと、ラムリーザくん吠えています。
 マスコミも居るからパフォーマンスもやっているのかなw
 

 永田さんも平田さんも褒めてくれました。
 しかし「ゼア」って……
 いつ頃からこのパフォーマンス使いだしたのですか?
 私の知っている90年代では、そんなキャラじゃなかったと思うけどねぇ、永田さん。
 
 そして審査が始まりました。
 やめてよいきなり不合格バッドエンド……(。-`ω´-)
 

 多少もったいぶってから、棚橋さんからの合格発表でした。
 新日本プロレスに就職できるよ!
 やったね、らむちゃん!
 
 マスコミが集まってきて、「今の気持ちを一言」などと求めてきます。
 今の気持ち、何って言うのだろう?
 でもこのゲームでのラムリーザくん、自信過剰なパフォーマンスするからなぁ……
 

 選択肢かーい!
 そっか、そう言えばスーファミやプレステのストーリーモードでも、こんなところでシナリオ分岐していたなー。
 これってやっぱり、周回前提のゲームっぽい。
 
 えっと、ここまでの言動を見てきたのを考慮すると、真ん中の選択が一番キャラがブレないと思います。
 これまで通りの自信過剰なラムリーザくんを演じるなら真ん中。
 上はいきなり真面目くんになりますなぁ……
 
 でも、なんとなくポエマー成分含んでいる一番下の台詞が面白かったので、それを選びたいと思いますw
 セルリアンブルーの大海原だってさ、ポエマーだなw
 ま、一応仲間たちにも気を遣うということで……
 
 たぶんこれでシナリオ分岐するのだろうなぁ……
 一番上だと正規軍入りして、真ん中だとヒール軍入り。
 一番下は、なんだろう?
 キャラがよくわかんないから「ザ・コブラルート」とかやめてよ!
 
 どうなんだろ、自分だけ合格したのかな?
 できれば同期のライバルとか居てくれた方が、物語に厚みが出るけどなぁ……
 プレステのストーリーモードとかよかったし。
 
 ここで、入門編が完了しました。
 続いて練習生編に突入です。
 話としてきりが良いので、今回の話はここまでにしておきます。
 
 次回から、練習生編を見ていきます。
 
 ところでさ、マシンって90年代に蝶野との確執で平田に戻ったけど、今ではまたマシンになっているのね。
 ひょっとして、中身が二代目とか入れ替わっていたりする?
 
 
 
 
Sponsored Links



 
前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記