home > 投稿 > > 第六十一話 Mankind-Redefined

第六十一話 Mankind-Redefined

 
 Fallout4のプレイ日記、続けて行きたいと思います。
 前回は、レールロードが奪った人造人間を取り戻すために、旧バンカーヒル記念塔に赴いていました。
 4体の人造人間にリコールコードを放って、無事に回収することができましたとさ。
 
 
 
 ファーザーに報告すると、今度はインスティチュートの会議に出席してほしいと言ってきました。
s-2016-01-15_00005
 会議では、まずはインスティチュートの現状について語られました。
 内部は厳重に管理されているが、地上の物はどこそこは問題ない、どこそこはやばいなどと話をしています。
 会話にB.O.S.とレールロードは出てくるけど、ミニッツメンが出てこないのは安心していいかな……
 ミニッツメンとだけは戦いたくないぞ……
 
 そして、次に「フェーズ3」について話し合うことになりました。
 フェーズ3とは、電力を得るための原子炉を起動することだそうです。
 うーむ、200年後の世界でも原子力発電ですか。
 シムシティだと2050年ぐらいから、核融合発電所ができるのになーw
 あー、フェーズ3も核融合炉のことかな?
 
 それと、地上での任務は今までは主にケロッグが担当してきたが、これからは自分にやってもらいたいと言ってきます。
 そして、ファーザーは病魔にむしばまれていて、先が長くない……と。
 
 いや、それは困るんだけど(;´Д`)
 
 ファーザー居なくなったらインスティチュートに対する義理はなくなるぞ……
 いろいろ思う所があったけど、ファーザーが……だから協力する気になったわけなんだどなぁ……
 
 そこで、もしもの時のために、後継者として自分を指名してきました。
 他の科学者は反対しているみたいだけど、ファーザーは適性があると信じているようです。
 
 んー、ミニッツメンの将軍でありながら、インスティチュートのリーダーになるのですねw
 
 以上の内容が会議でした。
 クエスト「Mankind-Redefined」が完了です。
 まあ、リーダーにどこまで権限ができるのかわかんないけど、そうなったらミニッツメンとは共存できる道を示していこうw
 ちなみに、このクエストが完了すると同時に、レールロード関係で発生していたクエストが失敗扱いになりました。
 まぁ仕方ないけど、完全に決別ですね(;´ー`)
 
 
 ところでこの会議中に、「バージルと会う」というミッションが発生しました。
 確か数日後に再び来てくれ、とか言ってましたね。
 ちょっと怖いんだけどねw
 モンスター化しているとかw
 
 というわけで、次の仕事に入る前に、バージルに会ってくることにしました。
 
 バージルの居る洞穴に入っていくと、スーパーミュータントみたいな者の姿が見えません。
s-2016-01-15_00076
 その代わり、普通の科学者が寝ているじゃありませんかー。
 起こして話をしてみると、副作用付きで成功だと言っています。
s-2016-01-15_00078
 その副作用とは、髪がまた生えてきたということですうむわしもいったんみゅーたんとかしてちりょうしてもらうかな(後半棒読み)
 
 そっか、FEVでは、ミュータント化した人間の治療研究していたのですな。
 それでスーパーミュータントが試験管の中に入れられていたんだな。
 んー、なぜその研究は破壊されたんだろ……
 
 まあいい。
 
 これでバージルとは友好関係になりましたとさ。
 
 
Sponsored Links




 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記