home > 投稿 > > 第五十四話 The Molecular Level

第五十四話 The Molecular Level

 
 Fallout4のプレイ日記、続けて行きたいと思います。
 前回は、C.I.T.の廃墟からコーサーの信号強度を追って、グリーンテック遺伝科学研究所にたどり着きました。
 研究所内でコーサーをやつけてチップを手に入れたけど、使い道がわからないってところですね。
 
 
 
 コーサーのチップは、人造人間の技術について詳しいDr.アマリに聞いてみるのがいいみたいです。
 早速メモリーデンに向かいます。
s-2016-01-12_00048
 しかし、アマリはコーサーのことについては知らないようで、チップの解析もできないと言います。
 そのかわり、「レールロード」と呼ばれている集団ならわかるらしいです。
 レールロードとは、人造人間がインスティチュートを逃亡するのを手伝っている組織で、正体不明。
 緊急事態に彼らと会いたいなら、合言葉「自由への道をたどれ」だそうです。
 アマリは、合言葉の意味は分からないけど、似た名前の戦前の建造物があると言います。
 
 ボストンコモンから探ればいいということで、
 
s-2016-01-12_00075
 At Journey's End Follow Freedom's Lantern
 「自由の光に従う旅の終わりに」かな?
 この場所が旅の終わりとでも言うのかなー。
 自由への道をたどれと関係あるのだろうか……
s-2016-01-12_00071
 フリーダム・トレイル・マーカーには、7とAが強調されています。
 
s-2016-01-12_00076
 そのマーカーから、一本の筋が引かれています。
 道をたどれ……ということかな。
 
s-2016-01-12_00078
 道をたどっていると、今度は4とLが記されています。
 何かのコードなんですかね。
 
s-2016-01-12_00080
 次は、2とA。
 墓場の前で、グールに襲われたけどねw
 
s-2016-01-12_00083
 次は6とO。
 グッドネイバーの近くまで戻ってきてしまいました。
 
s-2016-01-12_00085
 次は3とI。
 なんだったっけ、書店の前だったかな?
 
s-2016-01-12_00087
 5、R。
 数字とアルファベット、何かの順番かな?
 
s-2016-01-12_00089
 8、D。
 朝が来たのと、スーパーミュータントにここで襲われましたw
 
s-2016-01-12_00092 1、R。
 トレイルは「オールド・ノース・チャージ」という教会で途絶えていました。
 
s-2016-01-12_00093
 目的のレールロードは、この教会の中に居るのかな?
 
 次は教会の中に入っていきますね。
 
 あ、そういえば数字と番号だけど、順番に並べてみたら、「RAILROAD」となりました。
 レールロードそのまんまやん!(`・ω・´) 
 
 
Sponsored Links




 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記