home > 投稿 > > 第五十話 ミニッツメンとしていろいろ

第五十話 ミニッツメンとしていろいろ

 
 Fallout4のプレイ日記、続けて行きたいと思います。
 前回は、「HACKER」スキルが上がって、Masterの解除ができるようになったので、ずっと放置していたクエストを済ませてきました。
 ナショナルガード訓練場のセキュリティを解除してグールを全て始末し、カウンティー・クロッシングもミニッツメンに協力してくれることになりました。
 そして、プレストンはキャッスルで畑仕事をして隠居していましたw
 
 
 
 前回キャッスルに立ち寄ったら、ミニッツメンの仕事がいろいろと沸いてきました。
 まずは、「GreenSkins:スロッグ」。
 新しい場所なので、ミニッツメンに協力してもらうために立ち寄ることにしました。
s-2016-01-09_00111
 スロッグは、連邦唯一のタールベリー畑でした。
 タールベリーが何なのかよくわかんないけど、居住区中央にあるプールで栽培しているようです。
 そして、住んでる人はグールだけだと言うけど……グールってゾンビみたいな奴だろ、大丈夫か?(;´ー`)
 協力してほしいことがあって、商人がスーパーミュータントに襲われていると言うのです。
 タールベリーを販売するためには商人が必要ということで、そいつらを退治してほしいということですね。
 
 というわけで、メッドフォード記念病院のスーパーミュータントを退治することになりました。
 退治系の同じような仕事ですね。
s-2016-01-09_00164
 というわけで、いろいろと省略w
 病院内の敵を一掃して、スロッグはミニッツメンに協力してくれることになりました。
 
 
 次は「Raider Troubles:ノードハーゲンビーチ」。
 何度もやったレイダー退治ですな。
 ダンウィッチ・ボーラーという採石場に住み着いているレイダーを始末する仕事です。
s-2016-01-09_00174
 まあこんな所です。
s-2016-01-09_00180
 たまには違う武器を使ってみようということで、火炎放射器を使ってみました。
 うーん、遊星からの物体×ですなーw
s-2016-01-09_00181
 しばらく燃え続けるのがリアルですね。
s-2016-01-09_00178
 燃えろ、燃え尽きてしまえー。
 火炎放射器、割と面白いかもしれないですw
 
 そんな感じで、居住区の手助けをしていましたとさ。
 
s-2016-01-09_00147
 途中で、パイパーが昔話をしてくれたりしました。
 パイパーとならロマンスしてもいいかな……w
 
 
 さてと、今度こそ、のうみそ取りに行きますか。
 
 
Sponsored Links




 
 前の話へ目次に戻る次の話へ 

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記