home > 投稿 > > 第二十三話 Unlikely Valentine

第二十三話 Unlikely Valentine

 
 Fallout4のプレイ日記、続けて行きたいと思います。
 前回は、息子のショーンを探すために、ダイアモンドシティに向かいました。
 そこで、インスティチュートが絡んでいる失踪事件があることを聞き、助けになってくれるであろう探偵のニック・バレンタインを探すことになりました。
 彼が最後に確認された場所は、パーク・ストリート駅ということだけど……
 
 
 
 ダイアモンドシティから出る間際に、セキュリティから「サレムの魔術博物館で事件が起きたらしい」という話しを聞いて、魔術博物館を捜査するというクエストが発生したけど……
 一度にいろんなことはできん!(`・ω・´)
 パークストリート駅に向かうことにします!
 
 途中、ハブリス・コミックという所で、レイダーの拠点を発見しました。
 ついでに片付けておこう。
s-2015-12-28_00123
 見張りとか一人ずつ片付けていきます。
 でも日中は見つかりやすいんだよなぁ……
 隠密で戦うなら、夜にやるほうが闇にまぎれていいのかも。
 シャドウハイチュウ……
s-2015-12-28_00124
 なんかここのボスは、「伝説のレイダー★」ということだけど、★マークは初めて見たなぁ。
 やたらと反応がよくて、見える位置に行くとすぐ見つかってしまいます。
 結局夜を待って始末することになっちゃったよ……
 
 伝説のレイダーからは、「殺し屋のパイプオートピストル」を入手しました。
 ロボットに与えるダメージが50%増加するということで、マシンガンタレット用武器かな。
 でもオートピストルはなぁ……
 結構外れるので弾薬の無駄遣いになっちゃうんだよね。
 一発一発確実に当てたほうが、効率がいいと思うんだ、うん。
 
s-2015-12-28_00126
 寝こみを襲うの図w
 落ち着いて狙える場合は、ヘッドショットで一撃ですw
 
s-2015-12-28_00130
 というわけで、パーク・ストリート駅に到着です。
 駅内には、トリガーマンという人間とグールの間みたいなモンスター(?)が居て、少々めんどくさいです。
 なんだろ……放射能汚染が原因でミュータントになったのかな……
 話し声が聞こえてきて、何やらマローンが探偵を監禁したとか言ってます。
s-2015-12-29_00002
 一発撃ち込んでは隠れてを繰り返していたけど、新しい手法も見つけました。
 一気に接近して、「Qキー」のV.A.T.S.を発動させると、90%以上の命中率で部位狙いができるのです。
 これで見つかったら強引に突っ込むという力技を覚えましたw
 でもやっぱりSkyrimと比べて隠密が見つかりやすいなぁ。
 光源を破壊できたらいいのに、マジで……
s-2015-12-29_00004
 地下鉄駅なのか、どんどん地下に降りて行くことになります。
 その道中も、どんどんトリガーマンが襲い掛かってくるけど、狙撃と力技でやっつけていきます。
 
s-2015-12-29_00005
 地下鉄駅をどんどん奥に進んで行くと、Vaultを発見しました。
 
 それでは奥に進んでいきましょう。
 
 
Sponsored Links




 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記