home > 投稿 > > 第十一話 Raider Troubles:オバーランド駅

第十一話 Raider Troubles:オバーランド駅

 
 Fallout4のプレイ日記、続けて行きたいと思います。
 前回は、女装したり着替えたり、テンパインズの断崖の入植者の信頼を得たりしていました。
 プレストンに報告をして、クエスト「The First Step」が完了しました。
 
 
 
 さて、プレストンはまだ頼みたいことがあるようです。
s-2015-12-23_00076
 ミニッツメンが一人だけになってしまった理由を聞いたけど、ミニッツメンってプレストン一人だったのかよ。
 そこでミニッツメンを再建するために力を貸してほしいと言ってきたのです。
 将軍にまで格上げしてくれましたが、率いる軍隊もない将軍ですw
 将軍とは、ミニッツメンのリーダーの呼び名と言うんだけど、いつの間にかリーダー扱いされております。
 プレストン一人になってしまったので、誰からも文句を言われずにリーダーを任せるみたいなこと言ってます。
 いや、リーダーはプレストンでいいから。
 この世界のこと全く知らない人間に丸投げすんなw
 
 そして、今後はプレストンを連れていけるようになったようです。
 コズワースと交代してみました。
s-2015-12-23_00077
 そこで、クエスト「Raider Troubles:オバーランド駅」が開始しました。
 そこでも居住地がレイダーに襲われているそうです。
 もっとたくさんの居住地を味方につけるために、そこに向かうことにしましょう。
s-2015-12-24_00001
 プレストンはこちらに合わせて隠密行動を取ってくれるようです。
 囮にはできるのだろうか……
 でも、銃を持っているので、建物を攻めるときにも役に立つ……かも。
 役に立たなければ、また遠くに待機させて一人で潜入するけどね!(`・ω・´)
s-2015-12-24_00002
 途中、ブロートフライというのが居たけど、見つかっても攻めてこないので敵意はないのでしょう。
 ロード時間の説明では、確か爆発するとか書いていたような気がするけど……
 
s-2015-12-24_00004
 なにやら建物があって人が居ます。
 レイダーではないようなので近づいてみると、「アナバシー・ファーム」でした。
 農場ですね。
s-2015-12-24_00036
 農場には、また双頭の牛が居ます……こいつ嫌だ(;´Д`)
 
 さて、牛は置いといて!
 
 この農場の責任者らしき、ブレイクという人と話をしてみました。
 最初はよそ者扱いだったけど、農業に興味を持ったような話をしたりしていたら、だんだんと打ち解けてきました。
 でも、農場を始めるには、レイダーをどうにかしないといけないみたいです。
 そこでミニッツメンを再建しているという話をしてみると、とても安心したようです。
 そして、この農場に以前居たけど、レイダーにやられてしまった娘のメアリーの形見であるロケットペンダントを取り返してきてほしいと言ってきました。
 取り戻してくれたら、一生恩は忘れないということです。
s-2015-12-24_00039
 そこでクエスト「Returning The Favor」が始まりました。返礼……ですか?
 寄り道になるけど、困っている人は助けていきたいので、先にこちらを済ませようと思います。
 目的地は、USAF衛星基地オリビアとなりました。
 
 
Sponsored Links




 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記