home > 投稿 > > ショコラ 第九十五話 熱愛宣言

ショコラ 第九十五話 熱愛宣言

 
ショコラ ~maid cafe "curio"~
 
 
第九十五話あらすじ
 五月も終わりに近づいたある日、月末の締めに悪戦苦闘する大介。
 そこに翠がやってきて、香奈子のことについて大介に尋ねてきた。
 大介と香奈子の関係を元の木阿弥にしてあげると言うが、その翠もバラさんとの関係を大介に激白するのであった。
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 今回のイベントで、翠がバラさんに対して本気だということがうかがえます。
 実際には、香奈子のルートをやっている時にも見ていたのですが、プレイ日記として語るのは今回に取っておいたという流れがあります。
 このイベントを見ていたから、香奈子のストーリーでは翠はバラさんとひっついたんだなぁ、などと考えていたわけです。
 それと翠の台詞、「あたしの周りの人間が依存度高すぎなんだよ」がありますが、まぁ何度も言うようにごもっともですね。
 ただこれで不安なのが、どこかでも述べたかな? これまでの話では、困ったときは翠に依存していれば解決してくれていたのだが、その相手が翠となったとき、もしも困ったことになれば誰が助けてくれるのか? ここが気になってしまうのですよね。
 困ったらとりあえず翠という格言も出ていたけど、その翠が使えないとなると大介はいったい誰を頼るのか。
 あと翠の台詞、「他の男なんか、もう好きじゃなくなった」ここまで言い切られて、この先どう大介に振り向かせられるのか。
 そうした熱愛宣言があってから、いよいよターニングポイントの6月1日を迎えます。
 
 家に帰ろうとして翠から連絡が入る。香奈子と居酒屋で飲んでいて喧嘩した。ここまでの流れは香奈子の時と同じ流れ。
 ここで香奈子の話では香奈子を探して駅に向かうのですが、今回は居酒屋へ向かう。そんな感じに話が分岐していくのです。
 
 そんなところかな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記