home > 投稿 > > ショコラ 第八十七話 ガラスの心

ショコラ 第八十七話 ガラスの心

 
ショコラ ~maid cafe "curio"~
 
 
第八十七話あらすじ
 大介は真子を二号店へつれていきたがっているが、真子は頑なに一号店に残してくださいと言い続ける。
 しかし翠の一喝で、どうすればよかったのか分からなくなった真子はどこかへ飛び出していってしまった。
 大介はどうして真子を好きになったのかを考え、真子からの答えを待つのだった。
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 気まずいムードが漂うキュリオ。
 真子の優しい性格をまるで悪用するかのような話の展開。まぁそういう話にでもしないと、何の問題も起きずにまったりのほほんとした日常が流れていくだけだろうな、真子さんメインの話となると。
 翠と抱き合っているところを真子に見られて失踪されたというところから今回の話だけど、みんな失踪するの好きだねぇ
 さやか然り、香奈子然り、真子然り。すずルートでは大介が失踪未遂をやらかし、美里ルートでは美里が強制送還されるという失踪に準じる展開。なんなんだこれはw
 rippleで失踪したのは穂永圭衣だけ。うーん、たしかに穂永圭衣のストーリーはよかったと思う。だから味をしめたか? んなわけないか。
 今更言うのもなんだけど、rippleで一番話が上手かったと思うのは、穂永圭衣のストーリーだと私は考えています。キャラは真帆乃とワーストを争うほど苦手だけどねw
 
 ――と思っていたけど、話が進むとすぐに真子さんは戻ってきてくれました。
 でも相変わらず一号店に残してくださいと懇願してくる真子。そんなに大介と一緒に居たくないか? 美里やすずを優先するのか?
 大介もちょっと優柔不断すぎる。
「真子さんは二号店に来てもらう」
「それではもう一人、二号店に連れて行くのは美里ちゃん? すずちゃん?」
「それはまだ……」
 ――じゃねぇ!
 迷うぐらいなら親父に意見して、両方連れて行く! とか言ってぬかせよなぁ
 真子は俺の彼女だから連れて行く、美里ちゃんとすずは俺が見い出したメンバーだから俺が連れて行く。あとは親父が何とかしろ!
 そんぐらいやりあってもいいと思うけどな、元ヤンなんだし、ぶつかるところはぶつかろうよ。
 とまぁそこに翠が現れて、前回のパートからプレイヤーが思っていたことを、代弁してくれました。
 真子さんはね、美里とすずのことばかり考えて、大介のことを考えてあげてないのですよ。そこを翠は強く指摘してくれました。言ってやって、言ってやってw
 それでまた結局真子は取り乱して失踪、はぁ……(。-`ω´-)
 
 その後で、ようやく大介は「なんで俺が真子さんを好きになったのかわかった」などと言っていますが、プレイヤーはプロローグの衝突シーンでググッとのめり込み(ここではカノコといい勝負)、いくつか物語を見て、こいつは癒されるわ! で一番気に入りましたけどね!(まだカノコと悩む部分はありますが……w)
 
 なんか美里とすずに提案があると言ってますが、何をするのでしょうか?
 全員連れて行く! って親父に強く出るって話でいいと思うけどなぁ。だって、この後一号店には花鳥玲愛が入るんでしょ? バラさんも残るんだし、他のみんなが居なくなっても大丈夫だってw
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記