home > 投稿 > > ショコラ 第六十五話 ママと仲直りしてね

ショコラ 第六十五話 ママと仲直りしてね

 
ショコラ ~maid cafe "curio"~
 
 
第六十五話あらすじ
 いよいよチロルとのデートが始まった。
 裏設定である等身大で現れたチロルは、大介に二つの夢について語った。
 そしてチロルは最後に、自分の全存在をかけたお願いをしてくるのだった。
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 さて、チロルとのデートの話であり、チロル編最終話でもあります。
 漠然とした感じですが、実は最初はチロルではなくて香奈子がデートの場所に現れるのかな? とか考えていました。
 ここまでの話を見てきて、チロルは香奈子が作ったものらしい。だから最後の最後で香奈子が現れるのかな、ってね。
 でも現れたのは、等身大のチロル。これがチロルの裏設定だそうです。
 うーん、等身大になったチロルと、幸せに過ごしました、めでたしめでたしかな? と思わせておいて、終わり方が最初はよくわかんない終わり方になりました。
 
 チロルとのいちゃいちゃシーンは置いといて、唐突にチロルとの物語は終わります。
「今度こそ……ママと仲直りしてね。そして、ボクの物語を完結させて」
 チロルのこの台詞を最後に、突然大介の部屋に移動してしまいました。
 
 この後の香奈子との会話は、初見時は全く意味が分かりませんでした。なんだかよく分からないうちに、父親から電話がかかってきたりして唐突に終わるので、 ? って感じでした。
 まず、日付が表示されないのでいつの出来事なのかわからない。
 普通にそのまま考えると、チロルとデートしたのが6月29日だから、その翌日ってことになる。
 そうなると、朝から香奈子さんが居るのがわからない。その時はもうすずが来ているから泊まらせたりしないはず。しかもシャワーまで使い出すから、この世界線はどうなっとているのだ? となっちゃった。
 父親が再婚せずにすずが来ない世界線なのか? などと考えたりしました。
 香奈子(ママ)と仲直りと言っても、チロルルートでは香奈子とは喧嘩もなにもしていない。香奈子ルートの話だとしても、喧嘩したのは翠のほうであって、大介とは喧嘩していない。
 
 後でよく考えてみてわかったのだけど、このチロルルートのエピローグは、ショコラのプロローグ直前の内容っぽいですね。
 香奈子がシャワーを浴びに行き、そこに父親の結城誠介が成田から電話をかけてくる。
 チロルルートのエピローグタイトルが「ふりだしにもどる」になっているので、おそらくそういうことだと思います。
 なんだろうこれ、タイムリープ? ループ?
 これからもう一度香奈子ルートを進めることになりますが、チロルルートを挟んで上でのトゥルールートになるってことでいいのかな?
 
 なんというか、不思議な感じの物語構成ですね。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記