home > 投稿 > > ショコラ 第五十一話 常連客

ショコラ 第五十一話 常連客

 
ショコラ ~maid cafe "curio"~
 
 
第五十一話あらすじ
 すずが新しく妹として住むことになったので、今後は大介の家に出入りすることを禁じられた秋島香奈子。
 その香奈子が久しぶりにキュリオに顔を出すが、とくになにも変わった風には見えなかった。
 また、街では思い出の店が無くなったりして、大介と香奈子は出会ったときのことを思い出したりするのだった。
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 さて、ショコラというゲームはここからが本番だと言えるのではないでしょうか?
 メインヒロインの真名井美里に対して、裏ヒロインと言われている秋島香奈子。全ての物語で大事な役割を果たすという、おそらくこの物語のキーパーソンであると言える大村翠。そしてなによりも、プレイヤーが一番お気に入りだという桜井真子!
 後半三人は、もう目が話せない状態ですよ!
 
 というわけで、後半戦トップバッターは秋島香奈子。
 無口で冷めた性格で、rippleで言えば加藤あおいの属性を引き継いだような人物です。なお、個人的に見た目だけで六人の中から選ぶとしたら、一番だというのも見逃せません。
 
 さて、初見プレイの動画作成時にはわからなかったけど、後になって見返すとなるほどというポイント一つ目。
 香奈子さんがキュリオを訪れる理由の二つ目である、大介への合図。これは最初に見たときはわからんわ。でも話を進めていくと、あーこのことかと分かります。真子さんにばれていたやつですね。
 ひとつわからないのが、「別に……泊めてなんていわないよ」→「……言われても困りますが」の後で、香奈子さんが顔を赤らめる理由がわかりません。泊まるなと言われて怒ったってことでいいのかな?
 とりあえず、香奈子さんは美里ちゃんには用が無いので、大介が出てこないとなるとキュリオ自体にも用がなくなるのですね、はい。
 
 次の話、CD屋ってのに時代を感じるね。子供の頃に親に連れられてレコード屋なるものに行ったことはありますが、今の時代CD屋ってのはあるのでしょうか? 大抵は、本と映画と音楽CDはセットで売っている店が主流ですよね?
 なくなっちゃったんだ……という香奈子さんの気持ちも分かります。最近私も、結構気にっていたトンカツ屋がいつの間にか無くなって更地になっているのを見たときに、あー……、となりましたね。
 ってか香奈子さんは万引き不良少女だったのか。ストレス解消に万引きするってよく聞くよねぇ。
 その話題でおもしろいなと思ったのは、店に万引き自由権みたいなのを年間10万円とかで契約して、10万円までなら万引きしても見逃してもらえるって意見がありました。それでいいんじゃないですかね? いや、適当に言ってるだけですがw
 CDと言えば、最後に買ったCDは、今の地点で言えば西村ちなみのCDになっちゃうな。ヒロインドリームEDテーマを西村ちなみが歌っているのが聞きたくて、密林で1円+送料で買いました。ってか古いゲームの話してんな!
 
 後半の話は、またしても美里vs香奈子。
 美里ルートを進めている時は、美里の言うことを聞いてキッチンに戻ったけど、今回は適当にごまかしてみました。
 ノープロブレム!(ターミネーター)
 さやかちゃん、ノープロブレム・アット・オールでごわす!
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記