home > 投稿 > > ショコラ 第四十八話 大介の懺悔

ショコラ 第四十八話 大介の懺悔

 
ショコラ ~maid cafe "curio"~
 
 
第四十八話あらすじ
 大介が、すずを兄として拒絶した格好になってしまった日以来、すずは翠の家で預かってもらっていた。
 それでも翠と香奈子にこれまでのことを話して、大介はすこし気が楽になっていたりする。
 すずと再び一緒に暮らせるようになるのは、いつのことなのだろうか?
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 ぐだぐだになってしまった大介とすずの生活を、翠になんとかしてもらったという話です。
 とりあえずすずを翠の家に預けることにして、一応は平穏を取り戻した――、というか先送りにしたというか。
 すずの制服が無いということで、大介は翠に「お前の昔の制服があるだろ」と言い、翠は「あらゆる意味でサイズが合わない」という場面がありますが、香奈子なら余るところがあってアカンかもしれんけど、翠なら大丈夫だと思うw
 何? 失礼なことを想像すると――、ですか?
 
 それと翠のお母さんは、翠がそのまま年を食ったような感じだそうで。
 …………(。-`ω´-)
 スペシャル小原(リングドリーム)の姿がちらついたのですが、何故だろう? 私は翠をどう見ているのだろう?
 そのまま年食ったような感じか、みんなどうなるのだろうね。
 美里ちゃんはrippleの奈海に似ているから、奈海の母親みたいな感じになるとして、真子さんは年を食っても変わらない、というか現地点で結構のんびりしたおばあちゃんとも感じられる。
 香奈子さんは……、香奈子さんも年食ってもあまり変わらなさそうだな、元々寡黙だし。なんか自由気ままに穏やかに過ごして、その最期は孫たちが遊んでいる所で本でも読みながらまるで眠るように息を引き取るとか、どこぞの提督の理想の死に方でもしそうw
 
 今回の話で、香奈子さんは二択の質問をしてきますが、そうだねぇ……
 個人的には「活動的で、でも家庭的な面もあって、ちょっとお節介だけど、とっても優しい同い年の女の子」の方がいいかなぁ。見た目だけで選択したら、年上の女の方だけどね。
 まぁ一番は「おっとりしておっぱい大きくて、でも子供をあやすのが得意で、ちょっとどんくさくて壷とか買うけど、とっても癒されるお姉さん」だけどね!
 
 ああ、一応この話では「夢の中ですずを汚した」ことになってるのね、現実ではやってない設定なんだ。そのぐらい、年頃の男性ならだれでも妄想するでしょうに……って、実際に妹で妄想されたお兄さん方、現実に居るのでしょうか?
 
 そんなところかな。
 シスコンの異常な愛情、というところで今回はおしまい。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記