home > 投稿 > > ショコラ 第四十七話 はじめての決裂

ショコラ 第四十七話 はじめての決裂

 
ショコラ ~maid cafe "curio"~
 
 
第四十七話あらすじ
 すずを避けるようになった大介は、夜遅くに帰ってきたり、自分の部屋に戻らなかったりといろいろとめんどうな生活を送っていた。
 しかしそのことはすずにばれていて、嫌いになったの? どうして避けるの? と聞かれてしまう。
 そして大介は、とうとう逃げ出してしまうのだった。
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 すずが怖い……(´・ω・`)
 今回の話は、個人的に非常にめんどくさかった。ってか、大介がなにをしたいのかが分からん。
 どうなの? オリジナル版知らないからわかんないけど、オリジナル版だとガチで遊んじゃって、ベタベタのいちゃラブ兄妹になるの?
 こっちの全年齢版だと、夢だったとかぼかしていて、勝手に大介は悩んで、一緒に寝たがるすずを避けてソファーで一人で寝て、だけどすずと寝ていたことにするために、すずが起きる前に朝にはベッドに戻っているという、まわりくどい猿芝居を続けているのだけど、マジで大介は何がやりたいの?
 今回の話では、ノーマルルートでもあったように、「学校の友達とも仲良くしろ」という説得に入るわけだけど、ノーマルの時は兄として接してうまくいったけど、今回は手を出してしまった大介と、手を出されたすず。全然はなしがまとまらずにこじれるだけ。
 ほんとね、すずが妹じゃなくて他人だったら、90点以上はあげてもいいぐらいすずは大介にベタ惚れですよ。ずっとめんどうを見てもらえるんだよ、こんないい娘に。でも妹という設定が、それをぶちこわしています。
 なんども述べたけど、個人的には妹との関係というものは無い、と考えていますので、そこが残念。
 例えば美里ちゃんが、「彼氏なんかいらない、結婚なんかしないもん。私がずっと大介さんの面倒を見てあげるよ」と言ってくれたら、この娘はそこまで俺のことを……ってなるわけです。結婚なんかしないもん、はちょっとズレちゃいますがw
 これが真子さんが、「ずっと大介さんの面倒を見てあげますわ」などと言ってくれたら、もうね、真子さんの胸に顔をうずめて号泣ですよ。
 これが翠に……、翠にはすでに面倒見られていますなw
 
 というわけで、すずが妹じゃなければ最高のシチュエーションです。大介も、すずが妹じゃなければ葛藤も無くすんなりとゴールインルールになっていたかもね。でもそれだと物語にならないか。
 まぁ妹萌えの人向けの物語でしょうこれは。そっち方面が好きな人にとっては、いい話なのではないでしょうかね?
 
 あと今回の話、最終的に大介はすずから逃げ出してしまいます。ここからどういう具合に物語を終わらせるのかは、プレイ中はまったく予想がつきませんでした。その点、美里やさやかの物語は分かりやすいね。
 どうするんだよこれ、というところで今回は終わりです。
 
 そんなところかな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記