home > 投稿 > > ショコラ 第四十一話 伝説のお兄さん

ショコラ 第四十一話 伝説のお兄さん

 
ショコラ ~maid cafe "curio"~
 
 
第四十一話あらすじ
 やあいらっしゃい天宮くん、キュリオへようこそ。
 というわけで、キュリオにやってきた悠太から、担任の笹尾先生等すずと大介についていろいろと聞かされる。
 そんな中、すずの保護者懇談会のお知らせが届く。行くべきかどうか翠に尋ねるのだが?
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 前半パートは、久しぶりに天宮悠太が出てくる話。相変わらずすずに付き纏っているようです。
 大介ともすっかり馴染んでしまったようで、凄んで見せても軽口で返してくれたりします。
 ここで、大介の学生時代の話が一部だけ聞けますが、大介は相当ワルだったんですか? 指導室に30回以上呼び出され、それはいいけど(よくないけど)二桁以上殴られてってすげーな、今の時代だったら体罰とかなんとかで槍玉にあげられる案件ですな。
 ここでの大介と悠太の会話、動画中の初見プレイでは軽く流していたけど、こうして後になって記事としてまとめてみようとして見返すと、大介と香奈子の出来事を暗示していたんだね。こうした伏線がちりばめられているみたいなので、一度通してプレイした後に、もう一度リプレイするのも面白いかもしれません。例えば私のように、動画作成で遊ぶために一度プレイして収録して、ブログにプレイ日記として公開する際に見返す、とかでもいいし。
 外野、ねぇ。当人同士の問題、ねぇ。確かに香奈子の話では……ねぇ。
 ここでは悠太が大介役で、すずが香奈子役、大介はさしずめ教師役か……(。-`ω´-)
 とまぁ、ここでは臭わす程度にしておきますか。詳細は、香奈子物語のプレイ日記で後日ね。
 
「あ、あの……すいません、翠さん」
 というわけで、後半パート。どうやら丁寧に話しかけると翠は気持ち悪がるみたいですw
 ここでの話は、すずの保護者懇談会の話。確か両親は新婚旅行で海外に行っているので大介しか家族は残っていないね。
 すずは保護者懇談会に大介が来て欲しいみたいな感じになってますが、私自身は保護者懇談会は地獄そのものだったな。思い出したくも無いね、学生時代に戻りたいって人も多いと思いますが、私は戻りたくありません。あれをもう一度やれと言われたら、ゾッとします。むしろ今現在が、一番気分的に気楽です。もう社会とは、交わりたくない。社会は俺に冷たい……(。-`ω´-)
 
 閑話休題
 
 というわけで、大介は保護者懇談会に行くことにするのですが、スーツが無い。
 そこで翠に借りるという発想はおかしいと思う。普通バラさんに借りませんか? ってかサイズ合わんだろ、翠のじゃ。
 とうぜん男物は持ってないので貸せないとか、頼めそうなのが翠だけとか言って鉄拳制裁食らいますが……
「その後、心無い翠の言動に心を痛めたバラさんが、自分のを貸してくれることで一件落着した」(本文より抜粋)
 いや、普通は最初からバラさんに借りると思う。この場面は、大介の考えていることがおかしいと思う。
 
 そんなところかな。 
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記