home > 投稿 > > ショコラ 第二十三話 人生の目的

ショコラ 第二十三話 人生の目的

 
ショコラ ~maid cafe "curio"~
 
 
第二十三話あらすじ
 洋菓子コンテストに向けて、いろいろと試作品を作り続けるさやかは、大介に試食をお願いしてきたりしていた。
 そんなある日、大介は二年前にさやかとキュリオで会っていたことを聞かされる。
 さやかがキュリオに来た理由を聞き、大介は人生の目的についていろいろ考えるのであった。
 

 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 わりとシリアスというか真面目な話。
 前半は、以前出てきたトリトンホテルでの洋菓子コンテストに向けて練習するために、さやかが大介に試食役を依頼してくる話。
 こんなこと頼める人って大介しか居ないとかさやかは言っているけど、美里辺りなら喜んで引き受けてくれそうな。ただし、真面目で正しい評価をしてくれるかは別だけどね。
 まぁ同じキッチン仲間のバラさんは年配過ぎて、気楽に頼みづらいのでしょう。一番正確な評価をしてくれそうなのは、バラさんですけどね。
 
 後半は、さやかがキュリオに来る前の話と、来た理由について。
 ここで初めてさやかの家庭環境が語られます。う~む、重たい設定ぶっこんで来ますね。rippleの真帆乃が似たような環境でしたっけ。
 人生の目的とか考える、すっげーまじめな話でした。
 特に突っ込みを入れるような場面もなく、人生について自分も考えてみたところで、今更――な気もするし、今回はあまり語ることは無いかな?
 
 とりあえず、お菓子作りってのが自分にほとんど縁の無い話なので、さやかの物語は少し蚊帳の外から眺めているって感じであまり共感するって部分が無いのが困りものかな。
 何度も語るけど、話が真面目なんですよ。
 例えば前回の美里物語では、ギャグあり笑いありで楽しかったけど、今回のさやか物語はとにかく真面目なんですよ。
 まぁキャラクターの設定上、ギャグにもできないし仕方ないと思いますけどね。
 
 そんなところかな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記