home > 投稿 > > ショコラ 第十二話 美里の告白

ショコラ 第十二話 美里の告白

 
ショコラ ~maid cafe "curio"~
 
 
第十二話あらすじ
 夜のキュリオで行われた美里の卒業試験。
 十分に成長した美里に、もう大介は教えることは何も無くなった。
 努力したら、なんでも叶う? 私には、その力があると思います?
 勢いをつけるという意味も兼ねて、美里は大介に告白する……
 

 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 さて、前半部の話は、ゲスト(香奈子さん)をお招きしても中間ミーティングの話。
 香奈子さんは、部外者の前で売り上げ報告してもいいの? と聞いてくるが、まぁ香奈子さんなら他所にしゃべるようなことはしないでしょう、たぶん。だっていつもキュリオにいるし、大介以外と話しているのを見かけないし……。
 しかしこの話内容は、全然ミーティングになっていないと思う。
 大介の学園時代はどうのこうのだの、しゃ~しゃ~、大介の過去暴露大会だの、何をやっているんだこの人たちは。
 ところで、「しゃ」って何?
 
 後半の話は、美里ちゃんの卒業試験。
 卒業試験と言ってもキュリオを去るわけではなく、もう一人前になって大介から教えてあげられることはない無いという、師匠の元から旅立つ弟子みたいなもの。
 美里は世間知らずのお嬢様ということで無茶苦茶な行動を取ってきたが、根は真面目で飲み込みも早いから、たった一ヵ月半で十分成長するんだよな~。
 それで今回のタイトルにもした「美里の告白」にも繋がります。
 まぁ前回パートの、雨の中での宣言で大体は察しがついていたけど、今回はストレートに来ます。そっか、この物語は女の子の方から告白してくるパターンか。
 でもまあ大介なら仕方ないか。
 前回の話でも書きましたが、大介は無防備な香奈子さんと同棲しておきながら、キスひとつしたことがないヤラハタですからw
 ただし今回の話では大介はその返事はせずに、6月1日まで考えてから結論を出すという話になりました。
 自分のプレイでは、美里の物語のみを追いかけていたからいいけど、これで複数のヒロイン平行プレイをしていた場合、このイベントを見たにもかかわらず、他のルートに進むことができたりするのかな?
 それはそれで美里ちゃんがかわいそうだなぁ……
 
 とりあえず私には、アッサムティーとダージリンの違いがわかりません!
 たぶんそれ以外にも、細かいお茶の種類を聞かれてもわかりません!
 ウーロン茶、麦茶、爽健美茶、紅茶、緑茶、抹茶、紅茶キノコぐらいの大雑把な分類ならわかるけどね!
 
 そんなところかな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記