home > 投稿 > > ショコラ 第十話 調教済み?

ショコラ 第十話 調教済み?

 
ショコラ ~maid cafe "curio"~
 
 
第十話あらすじ
 目覚しい成長を見せ、キュリオになくてはならない存在にまでなった美里。
 しかし料理の腕は最悪。心臓を揺さぶり、呼吸器を締め上げる刺激臭を発する鍋を持ってきたりするのだ。
 その美里が大介の側にいるために、あえてした事とは?
 

 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 前半パートは、キュリオでの日常。
 なんだか美里がまともに働けるようになってくると、真子さんの様子がおかしくなってきています。オーダーミスとか。
 真子さんの見た目から、この辺りの設定、rippleの飯塚カノコの設定引き継ぎすぎ。カノコはちゃらんぽらんでダメ、真子さんはのんびりしすぎてダメ、動のカノコと遅の真子――って真子さん責めはこのくらいにしておいて!
 あらあら……、おかしいですわねぇ……
 
 中盤パートは休日の出来事。
 休日には美里が手料理を持ってきてくれます。が、様子がおかしい。
 青いスープって、何を入れたらスープの色が青くなるのか? イメージが湧かないので、「青いスープ」で検索してみました。
 すると、青いラーメンが出てきました。ほぇ~、実在するんだね。
 どうやら「スピルリナ」という藻類を使えば青くなるそうですが、美里は狙ってこの素材を使ったのか?
 しかし自分で味見して「どうかなぁ~?」って思うものを持ってこないでくださいね!
 やっぱり美里ちゃんに作ってもらうものはおむすびがいいね! スーパーのうめぼしで握ってくれると最高かも! くれぐれも脇の下で握らないでね!
 
 後半パートは、美里の秘密について?
 美里の出身は、成秀院(高校?)だそうです。念のため調べてみたけど、成秀学院はあるけど成秀院は無いみたいなので、ゲームオリジナル学校かな。
 何やら成秀院は、皇族ご用達の究極坊ちゃん嬢ちゃん学園だそうで……。これは学習院大学みたいなものと考えればいいのでしょうか?
 そんなお嬢様が、なぜこんなところでバイトしているのでしょうかねぇ。極端な実例で例えると、佳○さまが平凡な喫茶店でバイトしているような雰囲気でしょうか?
 まあいいんじゃないですか? 庶民的な皇族、ラノベチックだけと良いと思いますよ。
 そんなお嬢様だから、前回の話でもあったように捜索隊が動き出していたりするのでしょうかね。
 さて、美里が答えるその理由は、大介に借金があるから、ということでした。確かに最初の家賃と生活費は立て替えてあげているが、それは仕方の無いことで。
 しかしそれで誤解をした翠にシメられて、おしまい。
 
 フレー! フレー! 大介さん! 頑張れ頑張れ大介さん!
 
 そんなところかな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記