home > 投稿 > > ショコラ 第五話 内気なパティシエ

ショコラ 第五話 内気なパティシエ

 
ショコラ ~maid cafe "curio"~
 
 
第五話あらすじ
 大人しくて赤面症の橘さやかが作りかけていたジグソーパズルが、何者かの手によって仕上げられてしまっていた。
 取り乱すさやかに対して、翠は「犯人がなんとかせい」と言って大介に丸投げしてしまうのだった。
 人は、知らないうちに、人を深く傷つけるものなんですね……
 

 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 橘さやか
 この、涙ながらに更衣室で佇む女の子は、ここにいることからも分かるように、キュリオのスタッフの一人。
 職業はパティシエ……要するに、お菓子職人。
 この店のケーキやスコーンやマフィンなんかは、ほとんどが彼女の手によるものだ。
 だから今、彼女の着ている制服は、フロアスタッフのそれでなく、キッチンスタッフのもの。いわゆる、コックの服装。
 もともとは大人しくて赤面症なんで、さっきみたいな大声は、初めて聞いたような気がする。
(以上、本編で主人公結城大介から見たさやかの紹介より抜粋)
 
 再び舞台はキュリオ店内に戻り、新たな登場人物紹介となる。
 更衣室のパズルについては、第二話で時間つぶしで大介が組み立てたもので、そこから話が繋がっていたりします。
 う~ん、あんまり書くことが無いね。
 さやかは特に突っ込みどころがあるキャラでもないし、何か特徴的なところがあるわけでもない。
 あえて突っ込み所を挙げるとすると、500ピースのパズルに一ヶ月はかかり過ぎだと思います。自分は一週間ぐらいで組み立てていたかな。
 属性分けとなると何だろ? 大人しいキャラ属性かな? すずと被るけど。とりあえず喫茶店ということでコック役は必要なわけで、そのぐらいですかね。
 rippleに出てきた登場人物と誰が近いかな? と考えても、特に浮かばない新しい設定のキャラですね。
 むしろ翠との関係を示した流れの方が印象的かな。
「こらあ、大介ぇ!」→「違う~!」→お互いの思考回路が見えすぎている間柄なので、これで会話が成立してしまうっていうのがいいね、ツーカーの仲というか何しいうか。さすが幼馴染ですね、羨ましいわ。
 
 そんなところかな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記