home > 投稿 > > ショコラ 第三話 ツインビームの家出娘

ショコラ 第三話 ツインビームの家出娘

 
ショコラ ~maid cafe "curio"~
 
 
第三話あらすじ
 新しく家族になった、妹のすずを迎えるために駅へと行く大介。
 しかしそこで、まない美里という浮世離れしたお嬢様みたいな娘と出会った。
 トップアイドルの仲間入り間違いなしと騙されて、謎の男に連れ去られた美里を追いかけるが?
 

 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 今回は出てくるキャラが主人公と縁がないので説明はなかった。
 真名井美里って、見た目が森本奈海を派手にしたような感じだね、色も似ているし。奈海に触覚を追加したら、割とそっくりになるのではなかろうか?
 とりあえずこの美里が、このゲームの看板娘らしい。パッケージにもでかでかと載っていますからね。
 一応世間知らずでお嬢様で、その上おせっかいという大介の感想はあるけど、この美里、最初から苗字ではなく名前で呼ばせようとしたり、変わり者だということを表していますね、家出娘だし。
 でもまぁクセもなく、メインヒロイン(?)としては無難な設定なのかもしれないね。幼馴染キャラは翠だけど、rippleの奈海のポジションという無難なヒロインという立場として丁度いいかも。
 ただこの地点では、新しく妹になる三宮すずに会いに来たということで美里とは別れることになるが、美里がなんか変な謎の男に騙されるみたいな感じで連れ去られそうになるので、すずをほっぽりだして美里の世話に駆け回ることになる。
 この時出てきた謎の男にも台詞が入っているのが新鮮というか、rippleはメインヒロイン以外全く声が入ってなかったからね。こんなチョイ役にも台詞ありなのね。
 
 しかしなぜ美里の髪型をツインビームと言うのだろうか?
 私はそれほど美少女ゲームに詳しいわけではないので、ツインテールは最近の言葉であって、昔はツインビームって呼ばれていたのかと勘違いしてしまったよ。
 
 さて、パッケージのイラストではこの美里はキュリオで働くことになっているみたいなのだが、これがこの先どういった流れでキュリオに来るのか。
 今回の話の最後のほうで、大介から「何かあったらそこに電話しろ」と言ってキュリオのマッチを渡すので、その流れで来ることになるのだろうか?
  
 そんなところかな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむのゲーム日記