home > 投稿 > > この青空に約束を― 第二百二十二話 世界で一番

この青空に約束を― 第二百二十二話 世界で一番

 
この青空に約束を―
 
第二百二十二話あらすじ

 デートの日、航はちひろに合わせ石のネックレスをプレゼントする。
 さらに、三塚山の展望台にまで出向いたりした。
 しかし奈緒子は、航とちひろの関係によくない傾向を感じ取っていたりするのであった。
 
 
 実際のプレイ

注 : この動画では、プレイヤーが雑談やツッコミを入れながら進行していく形を取っています。
 そういうのが苦手な方は、再生しないことをお勧めします。
 どうしてもしゃべりの入っていない物が見たい方は、ここをクリックしてください。
 
 
軽く感想など
 
 今回は、久藤ちひろ編第八話の後半となります。タイトルはわからないけど、後々わかるかもしれないと言うことで、適当に雰囲気から「世界で一番」としておきましょう。
 後に正式なタイトルが分かったら書き換え――なくていいか、後半だし。
 
 前回の話の続きということで、デートの日の夜です。
 合わせ石が出てくるところ、やっぱりこの物語を題材にした二次創作に見えてしまったり。
 なんだかね、六人のストーリーの良いところを集めて再構築してみましたって感じがするのです。
 オリジナル版だと合わせ石が物語の根底に関わってくるのって凛奈編だけなのですよね。
 共通パートの夏祭りで合わせ石について大きく取り上げられるのだから、他のヒロインでも何らかの形で合わせ石が関わってくれてもよかったかな、と考えるわけなのです。
 そこをまぁストレートな形で取り入れてきたちひろ編。あまりにもストレート過ぎて、チープにも見えてしまう展開。でもそれで十分だと思います。
 幸い私は、この類のゲームや物語にそれほど触れてきたわけではないので、まだ全然目が肥えていませんので十分楽しめるのです。
 どこかで述べた記憶があるなぁ……、目が肥えるって不幸なことなのだねって。小さなことで満足を得られない状態になっているわけですので。
 ちなみに自分にも目が肥えるとはちょっと違いますが、今更グレードを落とせない物はあります。それはパソコンのスペックです。性能の低いモタモタした動作には耐えられなくなっているのよねぇ……
 
 さて、ちひろ編今回の話、なんだか話をカットされている部分があるように見受けられます。
 デートのラストは三塚山の展望台だという話になりますが、そこ場面がバッサリカットされています。
 PSP版ではなくて、オリジナル版がひょっとして存在する? 流れから行けば、三塚山の展望台でエッチっぽいのだけど……
 
 あとは、今回の話で終わってくれてもハッピーエンドだけど、もう一波乱ありそうです。
 まぁこれまでの経験上、この手のゲームのストーリーは、物語の始まり→出会い→問題発生→解決して結びつく→いちゃいちゃ→問題発生→解決してハッピーエンド、ほぼ全部こんな流れだったと認識しております。
 この第八話は、結びついた直後のいちゃいちゃ話です。
 でもラスト付近での奈緒子の台詞が、次の問題が発生することを示唆しているっぽいのよねぇ……
 
 
 それでは今回はこのぐらいで。
 
 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2021 らむのゲーム日記